2010年01月15日

『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』

やっと観てきた。
2009年10月28日全世界同時上映、2週間限定といわれていたが、何度目の再上映なんだ?!



マイケルについては、以前CDを買ったがあまり聞かないので売ってしまった程度な私。
ネバーランドや整形疑惑、肌の具合、晩年の奇行については興味深かった私。

夏にロンドンで公演するはずだった幻のコンサート「THIS IS IT」のリハーサルやその舞台裏のドキュメンタリーだが、たまにTVで上映する、アーティストの裏側、追っかけみたいな番組をスケールを大きくして映画にしたというか。

例えば「情熱大陸」を見てもとても感動する。
そういったTV番組でも、一流の人は皆ものすごく真剣で、本気で、まっすぐで、すごいとTVを通してでも伝わってくる。
MJはその一流の中でも一流の一流のトップなのかな。

でも、50歳で踊って歌っていたMJは、只者ではないと思う。もはや人間ではないというか。
MJが普通ではないのは知っていたが。
よく知らないけれど、幼い頃から大人にまみれ、一般ピープルには想像もつかないような体験をしてきて、ちょっと変わってしまったんだろうなと思う。

ところどころゾクゾクするシーンがあったが、私が最も感動したのは、同じ女性だからか、若いダンサーの女性と、若いギターの女性と、若いボーカルの女性のMJとの競演シーン。

皆猛烈に憧れていたMJと競演が決定!公演も近い!ついにリハーサルが現実に!それだけで、ものすごい感動で、動揺してしまうということが想像つくが、「緊張して失敗しちゃった〜!」たじゃダメで、表現者としてMJと対等にならねばならない。
緊張を表さずどうどうとしていた彼女らに泣けた。自己管理も相当だよね。努力に感動。

そして「ボクはここにいるよ」と言ってたMJ。

皆に接する時も、やさしい〜!

やはり優しさ、思いやりが大切だ。

監督は、ロンドン公演そのものの演出も務めていたケニー・オルテガ。


劇場パンフはなかった。売れば売れただろうに。

2009年6月に急逝したマイケル・ジャクソン。
ご冥福をお祈りいたします。


原題:This is It
監督:ケニー・オルテガ
製作国:2009年アメリカ映画
上映時間:1時間51分
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

★★★
posted by 映画子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年に観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

みると涙が出てくる予告

『今度は愛妻家』
試写会で観たけどとてもよかったので。

『サヨナライツカ』
小説はいまいちのめりこめなかったけど、映画をみたら、きっと地味な女性側の石田ゆりこの想いにせつなくなりそう。あくまでもミポリンを美しく撮っている映画なのだろうと予想できるが。
*西島くん楽しみ!

『Dr.パルナサスの鏡』
ヒースの大ファンってわけではなかったのに、ファンってくらいだったのに、泣ける。
posted by 映画子 at 23:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

『ずっとあなたを愛してる』

フランス映画だってだけで観たい。日本で公開されるフランス映画はどんどん少なくなっていて。

初めのクリスティンがノーメイクでなんとも言えない表情でタバコを吸っているアップのシーンからいきなり泣けた。この作品ただものじゃないってことも予感させる。泣きっぱなしだったらやばいな〜と思いつつ。話にどんどん惹き込まれる。こういう丁寧なつくりの映画って好き。

クリスティン・スコット・トーマス:ジュリエット
爪も噛んでたよね。初めは。すべてがいまいましいというような表情だったり。子供にも当たったり。こんな演技をするのって大変だったろうなって思う。擬似体験だもん。つらいよな。

でも、
「私はここにいる」

エルザ・ジルベルスタイン:妹のレア
クリスティンの演技はすごいとは思ったけど、エルザの演技もすごいと思った。いえ、クリスティン以上かも。心を開かない姉に無償の愛。両親さえも姉を切り捨てたのに(心ではオモッテイタケド)、妹は無償の愛。

ロラン・グレヴィル:ミシェル
いい人だ〜。

フレデリック・ピエロ:フォレ警部
実際に川を見に行っててほしかった。ショックだった。

セルジュ・アザナビシウス:レアの夫リュック

リズ・セギュール:レアの養女プチ・リス
実際にクローデル監督の養女だそうです!
子供の正直な心に癒される。

レアの養女アメリア:プチ・リスの妹

レアの義父

フランス映画にありがちな、詳しくは語られずで終ってくれるな〜と、後半はそれが心配だった。
でも、なんとなく教えてくれて・・・。

ジュリエットが勝手にやったなら、そりゃ夫は怒るよ。理由もいわないなんて。両親だって。ジュリエットが正しいとは思わない。医学者だったし母だからの考えがあるのかな。わからないけど。正解はないけど。たしかに理由はなんであれ、罪は罪だし。

レア一家がとってもよい家族で。レアの友達もよい人達。それはレアがよい人だから。その姉もやはりよい人なんだ。

フランスの小説家フィリップ・クローデルの長編監督デビュー作。


原題:Il y a longtemps que je t'aime
監督・脚本:フィリップ・クローデル
製作国:2008年フランス・ドイツ合作映画
上映時間:1時間57分
配給:ロングライド

★★★★★
クリスティンの罪がこの作品のポイントではない。一人では生きれない。やさしさに、愛にふれ、再生し、心を開き、生きていこう。
posted by 映画子 at 15:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 2010年に観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月08日

『アサルトガールズ』

押井守 監督の作品は気になるので観てきた。そして、メイサちゃん主演!



黒木メイサ:グレイ
ドラマ『任侠ヘルパー』で、「本当にこの人かっこいい!」と思ったのだが、今作品も彼女の美しさ、かっこよさ満喫だった!

菊地凛子:ルシファ
カラス女?人間の時は踊っている。セリフ「グアッ」以外声発してったっけ?不思議キャラ。

佐伯日菜子:カーネル
現実は苦労しているらしい。(映画の役の話ね。)
佐伯さんも美しい。でも話すとイメージと違うんだよね。久しぶりに日本語聞いたけど、「あ、やはり黙っていると美人」って再確認。英語の方がいいかも!

藤木義勝:イェーガー
唯一の男性出演者なのに、この人誰だ?これから要チェック俳優さんなのかな?


オープニングの説明長すぎ!!!

「これって、ゲームでいいじゃん!」と思う私。

「監督は深い意味はないがただ創ってみたかったのだろうな。実績を残し、固定ファンもいてという監督だから創れるのだろうな。観客動員とか気にせずにさ。」と思う私。

実際のゲームで、あんなおそい動作じゃやられちゃうよなと思う私。

キャラは二宮金次郎像とカタツムリが気になった。

完成披露試写会で押井監督は、
「8年前の(実写長編)『アヴァロン』に比べて緊張感は20分の1。ちょっとユルい部分も含めて、いい加減な気持ちで楽しんでください。膨大な期待をされると、失望するかも」と独特な言い回しの押井節でアピール。さらに、「メッセージもテーマも何もない作品。今回はいかに女優さんを魅力的に撮るかに集中した。実写監督としては正しい選択なんじゃないでしょうか」とあっけらかんと持論を展開した。主演の黒木については、「放っておいても絵になる女優。だから演技指導も何も、とにかく感じるままでいいと。そのあたりもユルユルです」
と言っていたらしい。
ズバリ!!!


監督・脚本:押井守
製作国:2009年日本映画
上映時間:1時間10分
配給:東京テアトル

黒木メイサのPVで賞

名声を手に入れた監督は好きなことできるで賞

★★(私的には残念で賞)
posted by 映画子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年に観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

『アバター』3D 字幕

ジェームズ・キャメロンの『タイタニック』(97)以来12年ぶりの新作は3DSF超大作。
これは観たい!!!
やっと観たい3D映画が!!!
やっと3D映画が体験できる!!!



日劇は映画代金+300円、メガネ返却。3Dの+@代金は映画館によって違うらしくメガネもらえる映画館もあるらしい。

映画上映前のデジカメ(だっけ?)の宣伝でOHHHH!
次のファイナルファンタジーの宣伝でもOH!!!!!
この2つでかなり3Dは満足したような。w

サム・ワーシントン@主人公ジェイク
『ターミネーター4』の時よりいい感じでした!

ゾーイ・サルダナ@ナヴィの族長の娘ネイティリ
青い顔でのみの出演。

シガニー・ウィーバー
スティーブン・ラング
ミシェル・ロドリゲス

内容はつっこみどころ多し。
典型的なアメリカ映画って感じ。

共存ぽいこと言ってるのに、鳥(?)をしたがえちゃうとことか。

ナウシカの世界を思い出すことしかり。
森を守るとか、不思議な動物(?)がいたりとか、傷を癒すのがピッロピロしたオウムのヤツに似てたりとか。
浮いてるのはラピュタか。
ジェームズ・キャメロン監督も、宮崎アニメに影響された一人なのかな?

ナヴィ族の衣食住などを私は映画を観ながら考えてたのだが、食のシーンがなかったと思うが、いったい何を食べているのだろうか?

上映時間長!!!

森の中の映像は美しかったです!



原題:Avatar
監督・脚本:ジェームズ・キャメロン
製作:ジェームズ・キャメロン、ジョン・ランドー
製作国:2009年アメリカ映画
上映時間:2時間42分
配給:20世紀フォックス映画

3D的には★★★★
そりゃあ感動しました!欲を言えば、常に3Dではないところが残念。嫌ってほど3Dでもよかった。もっともっと迫りくる3Dでもいいなあと思った。
字幕も飛び出してました。

今後とにかく映画界は『アバター』後、『アバター』前となると思うので観るべし!

ストーリー的には★★★
つっこみどころ満載!!!
posted by 映画子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年に観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

2009年に観た映画 メモ

観た

『人生に乾杯!』★★★★



『TAJOMARU』試写会にて★★★
田中圭くんの悪役よかった!悪役私は初めてみたのでした。
柴本幸さんもよかった!
萩原健一さんも存在感あってよかった!

小栗くん泣きすぎだ!姫やら、みんな辛くても泣かないでいるのに!

松方さん異様。


『女の子ものがたり』★★★★
きいちゃんは幸せ。
みさちゃんも幸せ。
みさちゃんときいちゃんの二人は幸せだったのか?
幸せだったならいいけど…。
女の子ってきびしい。


『リミッツ・オブ・コントロール』試写会にて★★★
監督・脚本:ジム・ジャームッシュ
撮影:クリストファー・ドイル
ドイルっぽいカメラワークにはシビれます!
ストーリーは凡人には面白みが理解できません!


『プール』★★★★★
大きいスクリーンで観ることができてよかった!
小林聡美さんの弾き語り最高です!
ギター弾きたくなりました!
できれば、続けてもう1回観たかった!


『20世紀少年ー最終章ーぼくらの旗』★★★★
よくまとめました!

漫画もう一度読み返したい!


『グッド・バッド・ウィアード』★★★
3人のシーンをもっと見たかった!
もっと短く編集してたらよいのに!


『キラー・ウ゛ァージンロード』★★★★
岸谷五朗初監督作品
あまり期待なしに観たら面白い!
そして泣けた!
上野樹里ちゃんは、のだめモード。
木村佳乃さんは、またみなおした!


『BALLAD 名もなき恋のうた』★★★★
山崎貴監督
草なぎ剛主演


『ココ・アヴァン・シャネル』★★★★
アンヌ・フォンテーヌ監督
オドレイ・トトゥ主演


『地下鉄のザジ』★★★
観たかったんだよね〜!!!
でも、やっぱり、どうしても、私ってば、昔の作品観ると寝ちゃう・・・。


『ココ・シャネル』★★★
『ココ・アヴァン・シャネル』と微妙に設定がちがうんです・・・。
英語じゃなくフランス語でお願いしたいです。


『クヒオ大佐』★★★★
女心はせつないです


『あの日欲望の大地で』★★★★


『パンドラの匣』★★★
戦後の設定なのになんかモダンっていうか。新しい。


『PUSH/光と闇の能力者』★★★
簡単で単純でおもしろいかと思ったら、けっこう複雑というか奥が深い。アジアが舞台だったのはよかったのかも。
あのラストはツヅクってこと?


『私の中のあなた』★★★★
答えはないけど、遺伝子操作は自然じゃないと思うけど、藁にもすがる思いで親になったら出来ることは何でもやるのだろうね。
映画と原作とはラストが違うということです。


『トワイライト・サーガ/ニュームーン』★★★★


『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』★★★★
孔明にニヤリ


『なくもんか』★★★
前半のテンポが好きかも、後半長く感じた


『パブリック・エミネーズ』★★★★
せつな〜い!


『母なる証明』★★★★
冒頭のキム・ヘジャのシーンでただものではないこの映画!感にワクワク!
キム・ヘジャ、ウォンビンよりもチン・グが印象に残ったのは私だけ?


posted by 映画子 at 00:00| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 2009年に観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

漫画「のだめカンタービレ」最終巻を読んだ



存在さえも忘れていた突然のヤドヴィに驚いた。

あっけないラストって言う感じでした。

月影先生のそっくりさんがでてきたのがツボでした!

*来春発売の24巻が最終回だそうです
posted by 映画子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月26日

絵本「かいじゅうたちのいるところ」を読んだ



映画を観る前に読みたかったので、甥&姪のクリスマスプレゼントに選んだ。

姪A:「幼稚園にある」
姪M:無関心
甥Y:「学校で読んだ」

皆が読まないので私が読んだ。

絵本には人間はマックス以外ママは声だけで顔がでてこなかった。
これを映画にするってどんだけ話をふくらませるのだろう〜。
どの辺をふくらませるのだろう〜。
甥&姪と一緒に映画みたいな〜。
posted by 映画子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月23日

『スノープリンス』

松岡錠司監督&小山薫堂脚本コンビに期待!絶対観たい!
出演者も贅沢!



松岡錠司&小山薫堂コンビに期待していたのに・・・。
出演者も贅沢なのに・・・。

森本慎太郎
チビ
中村嘉葎雄
香川照之
檀れい
桑島真里乃
マイコ
岸惠子
山本學
浅野忠信

ジャニーさんの力でつくられた映画なのか。森本くんは外見を、顔を、髪型を貧乏っぽくする気はなかったのだろうか。ゆるゆるでもったいない。感動できなかった。日本版「フランダースの犬」というには甘い。

監督: 松岡錠司
エグゼクティブプロデューサー: 亀山慶二
脚本: 小山薫堂
音楽: 山梨鐐平
製作国: 2009年日本映画
配給: 松竹

★★(がっかり極まりない)
posted by 映画子 at 20:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年に観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

『今度は愛妻家』試写会にて

豊川悦司
薬師丸ひろ子
薬師丸ひろ子演じるさくらがとにかくかわいい!


水川あさみ
濱田岳

津田寛治
奥貫薫
井川遥

石橋蓮司

前半はコミカルで、日本で映画でこれだけ笑えるってめずらしいくらいに面白い!でも、なんだか、たまに「あれ?なんか変かも?」と思いながらも、後半に進んでいくと・・・
泣ける。泣ける。
ギャップがくる。

若いカップルは無理があるような気もしないでもないが。


原作:中谷まゆみ

優しくしてほしい。
優しくしてあげたい。

監督:行定勲
脚本:伊藤ちひろ
製作国:2009年日本映画
上映時間:2時間11分
配給:東映

★★★★
posted by 映画子 at 22:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 2009年に観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。