2008年10月18日

第21回東京国際映画祭 グリーンカーペット@中編

『その日のまえに』
ナンちゃんと大林監督しか気づかなかった!
原田夏希ちゃん、宝生舞ちゃんぜんぜん気がつかなかった!
赤い着物の女性に気をとられてた!

『特命係長 只野仁 最後の劇場版』
高橋克典さん
たまにドラマ見てたけど、お約束があっておもしろかったよな〜
081018g.JPG

『コトバのない冬』
渡部篤郎監督、高岡早紀さん
この作品も観たいな
081018h.JPG

『少年メリケンサック』
ロックな軍団、宮藤官九郎監督、宮崎あおいちゃん、佐藤浩市さん、キム兄はわかったが、
田口トモロヲさん気がつかなかった!
黒人コワモテ軍団の意味は映画をみればわかるのかな?来年観よう!
あおいちゃんのことを後ろの女性がなぜか「内田ゆきちゃんかわいい!」って何度も叫んでたので、違うと教えてあげたくなった。でも最後に気づいてた。よかった。w
&なぜかピンクのドレスで登場はLiLiCo
081018e.JPG
081018i.JPG

国際審査委員一団
ジョン・ヴォイト、マイケル・グラスコフ、フォ・ジェンチー、セザール・シャローン、檀ふみさん、高田宏治・・・

もう完全に足がフラフラ・・・
今日の一番会いたい人の為に気力で乗り切る!

http://www.tiff-jp.net/report/daily.php?itemid=666

続く
posted by 映画子 at 22:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年プレミアなどなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第21回東京国際映画祭 グリーンカーペット@前編

今年の東京国際映画祭は『レッドクリフ PartT』に集中し気合を込めたつもりだったが、チケットが取れなかったのでせめてグリーンカーペットだけは!
とカーペットイベントに初参加した(見物)

どれくらい前に行けばよいかよくわからなかったが、結局お昼ごろ到着。すでにけやき坂の沿道の1列目はだいたいが場所とりされていてどこで見たらよいかしばしウロウロし悩んだ。坂の上のほうはもう場所が空いていない。スタート地点に近いと後姿ばっかりになっちゃいそうだな〜と思いながらも1列目が希望だったので、空いている場所スタート地点に近いけど、そこをキープした。

"地球環境を守る=エコロジー”というテーマを発信すべく、その象徴として開幕日に六本木けやき坂通りに“グリーンカーペット”が出現。
このグリーンカーペットは、環境負荷の低減を目指し、回収されたペットボトルを再生して作られました。総全長1418m(注1)のグリーンカーペットでは、500mlのペットボトルに換算して約18,000本を使用しています。

近くでみるグリーンカーペットはレッドカーペットより、ちゃちく安っぽい気がした。が、動画を見るとそうでもないね。わざわざ作るより、毎年同じカーペットを使うほうがエコな気がしないでもないですが・・・。

多分ほぼ4:30ごろスタート
*以下記憶あいまいの為、動画で確認しつつ、主な人を簡単に書いた。ほぼ監督は省略。
*デジカメは高画質でないが一応持ってきてみてたまに撮影してみた。ラストに現れるであろう『レッドクリフ PartT』の大メンバーの撮影の練習だったりする。が、全然よく撮れないのでだいだい削除しちゃったが、残っていた画像を思い出のためにUP。


まず、依田新チェアマン、高井映連理事長、第21回東京国際映画祭の映画祭大使の木村佳乃さん、杏さんと、ト、ト、ト、トニーさんじゃないですか!!!
OH!いきなり会えるとは!
その時はカーペットを歩かず、また戻ってしまったが、多分ラストに『レッドクリフ PartT』ご一行様と歩くと思うので、2回も見れる!うれしい!(その時は、金城君を目で追ってトニーさんはほとんど見れないと思うが・・・)

オープニング・セレモニーの司会のジョン・カビラさんと久保純子さん

『ブラインドネス』
ジュリアン・ムーア
ハリウッド俳優ゲストがジュリアン・ムーアだけとはちょっと弱いような・・・以前と比べるとさみしい東京国際映画祭。
木村佳乃&伊勢谷友介はペアでは歩かなかったね。伊勢谷くんは一人でどんどん進んでいっていた。伊勢谷くんは前髪がなんだかピシっとなっていた。
フェルナンド・メイレレス監督作品なので観たい!かなり衝撃的な作品だとは思うので覚悟が必要そうだが。ガエル君も出演!

『ラブファイト』
北乃きいちゃん、林遣都くん
この二人は昨年ヨコハマ映画祭と日本アカデミー賞で生で見てるから新鮮味なかったなあ。なんて。
*あとで動画を見たら大沢たかおプロデューサーがビデオを取っていた!裏方や〜!
桜井幸子さんの赤いドレスが色が鮮やかで印象的だったわ〜

『ブタがいた教室』
この作品は観たい〜。
コブタちゃんと妻夫木先生と子供達
特別招待かと思いきや、コンペ作品。
ブッキーアイドル映画ではなく、考えさせられる映画だと思う。実話を基にした“いのち”“食”の物語。いろいろな問題が多い現在、かなりリアルな問題に挑んだ作品。だと思う。まだ観てないけどね〜。

『斬〜KILL〜』
キクリンこなかったのがさみしかったな。
生でハリウッド女優ファッションとオーラを見たかったな。

『ぼくのおばあちゃん』
原日出子さん、加藤貴子さん

『R134カモミールの羽』
Microが監督だそうです!気になる!
伊藤歩ちゃんセクシーな衣装だった!後ろ姿に注目!
岸本加代子さん

なぜか伊原さん、森山涼子さん

『青い鳥』
阿部寛さんステキ!
本郷泰多くん

『桜の園ーそくらのそのー』
福田沙紀ちゃんは制服、上戸彩ちゃんは着物姿で誰かわからなかった。
杏さんはモデルさんだけあって飛び抜けたスタイル!
081018a.JPG

『旭日山動物園物語〜ペンギンが空をとぶ〜』
中村晴日くんが先頭だった!
万田久子さん紫の女優ドレス!
マキノ雅彦監督、長門裕之さん
081018b.JPG
堀内敬子さんと前田愛ちゃんワカンナカッタヨ!

なぜか
桃井かおりさん
ウエスト細!
お茶目!
グリーンと黒のドレスステキ!
サービス精神大のハリウッド女優〜!
081018c.JPG

火を財布からだす人!
*『私のマジック』のボスコ・フランシス

なぜか平原綾香さん&別所哲也さん&長澤まさみちゃん
まさみちゃんは髪型が変わっちゃってて、茶髪パーマロングで近くに来るまで分からなかった〜!
*ゲストだって
081018d.JPG

『大阪ハムレット』
女優の貫禄大でした〜松坂慶子さん

『旅立ち 足寄より』
石黒賢さんはあいかわらず色黒だった!
大東俊介くんはファンに答えてた!
松山千春さん、見たかったな〜。
ちなみにこれエキストラ考えてた作品だ。

『ホームレス中学生』
完成披露の時に見たキャストだったのに、暗くなって照明とカーペットを歩くというマジックからかな、
あの時より全員皆スターに感じた!
だって麒麟の田村までかっこよくみえた!w
主題歌を歌う人達はカーペットにはいらない。子役達ORイッセー尾形さんや古手川裕子さんやいしだあゆみさんや田中裕子さんや宇崎竜堂さんに歩いてほしかったな〜

『クローンは故郷をめざす』
ミッチ〜!
叫んだわ〜!
ナゲキッスいただき!

『その木戸を通って』
石坂浩二さん

『余命』
椎名平さん
松雪泰子さん、色白〜

『宝塚歌劇団雪組公演ショー』
宝塚の人たち

『TEH CODE/暗号』
これもおもしろそう〜。
稲森さん女優でした〜真っ白のドレスでメイクも濃くて「篤姫」とは全然別人!(当たりまえw)
大人数で登場、佐野史郎さん、松方さん。松岡俊介くんは気づかなかったナ

http://www.tiff-jp.net/report/daily.php?itemid=666

続く
posted by 映画子 at 22:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年プレミアなどなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

『ホームレス中学生』完成披露試写会

東京国際フォーラムC
1502席
18:00開場/18:30舞台挨拶開始予定

17:00ごろから列に並び、席は1階真ん中あたり。
実際は数分の遅れかな。

フジTVの笠井アナが司会。
「舞台挨拶を30分くらい予定している。」というじゃない!
OH!
すべての舞台挨拶で、それくらいの長さやってくれればうれしいのになあ・・・ブツブツ・・・といろいろと思う私。

西野亮廣(キングコング)は1階中央左扉から、池脇千鶴ちゃんは1階中央右扉から、古手川祐子さんは1階前方左扉から、古厩智之監督は1階前方右扉から、イッセー尾形さんは舞台左から自転車で、
おまちかねの小池徹平くんはステージの奥から壁をぶち破って登場!!!
原作者の田村もステージの奥から登場。

徹平君、あるいは千鶴ちゃんがそばを通ってくれればうれしかったのに、私達の近くを通った人は西野でございました。
ああ、残念!

ステージで家のセットとか、動くところとか、“ドリフ”みたいだった!

そして笠井アナ以外は靴を脱いで、舞台上に作られた田村家のセットにあがりこみ、ちゃぶ台を囲んでのトークだったので、トーク的にはいまいちだったような・・・。

徹平くん、西野、千鶴ちゃんの仲良さ具合はわかったけれど、3人で盛り上がっていて、他の人の話が聞けないジャン!
司会者が順に質問していかないとだめだナ〜と思った。
マイクの音量だかエコーだかが大きくて声も聞き取りづらかった。

主題歌のライブもあった。

プレスをもらえた!

関連記事http://www.excite.co.jp/News/entertainment/20080924/Variety_20080924011.html

http://movie.goo.ne.jp/contents/news/NFE200809250002/index.html

http://movie.goo.ne.jp/contents/news/NFCN0015299/index.html

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/181221/

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080924-00000024-maiall-ent
posted by 映画子 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(3) | 2008年プレミアなどなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月15日

『僕の彼女はサイボーグ』完成披露試写会にて

一言でいうならはるかちゃん&クァク・ジュヨン監督かわいい!もう一言いうなら小出くん、気い抜いてない?!

完成披露試写会が当選!
暇な日だったので、ちょっと早めに並ぼうと計画。すんごーく気合入れるほどファンでもないので、その前に映画を観て、お茶してから並んだ。

ちょっと遅れて始まった試写会。
綾瀬はるかちゃん、小出恵介くんとクァク・ジェヨン監督、山本又一朗プロデューサーが来場。

はるかちゃんかわい〜い〜〜〜!
かなりはるかちゃんばかり見てました私。はい。

小出くんはボリボリ掻いたり、舞台に立っている感ナシ。大物だあね〜。
はるかちゃんがお肌が白いからか、小出君真っ黒さが際立つよ。服装もなぜかちょい冬目。

途中でなぜか撮影のメイキングが流れる。
それは小出くん演じるジローの誕生日にはるかちゃん演じるサイボーグにケーキに顔をうずめるシーンのメイキング。

そしてクァク監督が来月誕生日だという話につながり、ケーキが用意され・・・。まさかないだろうと思ったのに、まさかのまさか!監督が顔面ケーキまみれ!!!
ここまで映画の宣伝のために尽くすなんてすごい監督だわ〜!

関連
http://www.cinema.janjan.jp/0804/0804160021/1.php
関連
http://www.cinemacafe.net/news/cgi/report/2008/04/3742/
関連
http://www.cinematopics.com/cinema/c_report/index3.php?number=3271
関連(画像たくさんあり)
http://mainichi.jp/enta/geinou/graph/200804/16/index.html
posted by 映画子 at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年プレミアなどなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月09日

『ぐるりのこと。』橋口監督ゲストのティーチイン

監督、足ブラブラ、お尻モゾモゾ。
確かに座り心地悪そうな、おちつかなそうな椅子でした。w

去年エキストラに応募する際に「ぐるりのこと。」で検索すると

これが出てくる。全然橋口監督の映画のことは出てこない。なんで?
と思っていたら、橋口監督は梨木香歩さんの「ぐるりのこと」からとったとこのこと。もちろん梨木さんに承諾は得たそうです。

『ぐるりのこと。』を観て、私は「カナオは「東京タワー、 オカンとボクと、時々、オトン」のボクじゃん!ということはリリーさんじゃん!」と思ったのでした。
そしたら橋口監督もそう思ってたみたいで、リリーさんに「東京タワー、 オカンとボクと、時々、オトン」の小説をもらっていて読んだら「カナオじゃん!」と思ったそうで。
でも、俳優さんじゃないからしばらくオファーを迷って、でも「やっぱカナオだよな」と思って連絡して、で、リリーさんもしばらく迷ったみたいだけど「カナオはボクです」という流れだったらしい。

30代のメインをはれる日本の女優さん3人の話。
なるほど〜。

5年間小金で生活してたって。借金もしたって。

不明の4作目の話。
質問した人も曖昧だったもんな〜。

弥次喜多、リリーさん&松尾スズキ話

「バカって言うな」

橋口監督には2.3ヶ月で作る映画でなく、今後も痛いけどすばらしい映画を期待しております。

公式HP
http://www.gururinokoto.jp/
posted by 映画子 at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年プレミアなどなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

第29回ヨコハマ映画祭に行った

映画ファンのための熱いまつりヨコハマ映画祭
はるばる関内ホールまで出没した。
あいにくの雪でした!

『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』(112分)
(ベストテン第4位、新人監督賞、撮影賞、主演女優賞、助演男優賞、助演女優賞)

最新作PRコーナー

個人賞表彰式
最優秀新人賞は北乃きいちゃん、夏帆ちゃん、新垣結衣ちゃん
今、ブレイク中のガッキーは「ぼそぼそ話をする子だな〜」。

新人監督賞は吉田大八さん(『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』)

撮影賞は阿藤正一さん(『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』)*代理の方が出席
脚本賞は奥寺佐渡子さん(『しゃべれども しゃべれども』『怪談』)

ここからがメインか?!
助演男優賞は永瀬正敏さん
オー!個性的!
今でこそオダジョーが個性的ファッションで知られているがその元祖的?!

助演女優賞の永作博美さん
衣装が楽しみだったが緑の着物で登場!

主演女優賞の佐藤江梨子さん
永作ちゃんと合わせたかのような緑のドレス!色がそっくり!
K姉妹とは違って(私、K姉妹もファンです!)本物の体だそうで!
ボン!キュ!ボン!
うらやましい!一度あの体になってみたい!
サトエリには、また女優をやってほしいな。今度は違うキャラクターで!

主演男優賞の加瀬亮さん
おおおー!
今日の私のメイン!
加瀬君だーーー!

『それでもボクはやってない』で監督賞を受賞した周防正行さんは欠席。

『しゃべれども しゃべれども』(109分)
(ベストテン第3位、脚本賞)

ここで残念ながら遠い&雪の為で帰宅

実際はこの後
『それでもボクはやってない』(143分)
(作品賞、監督賞、主演男優賞)

関連記事
http://www.hamakei.com/column/172/

http://www.walkerplus.com/tokai/latestmovie/report/report5860.html
posted by 映画子 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年プレミアなどなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。