2005年12月31日

2005年を振り返る

『愛の神、エロス』でウォン・カーワァイ監督の新品を観ることができて幸せ!
〜DVD購入。時期的に自分へのクリスマスプレゼントに!(まだ観ていないが)
『ブエノスアイレス』『欲望の翼』『天使の涙』×2、劇場で鑑賞!幸せ〜!
しかし、大好きな『天使の涙』日本最終上映・・・。(映画子の涙・・・)

『タッチ』のエキストラに参加!

フランス映画際楽しかった〜!

『チャリーとチョコレート工場』ジャパンプレミア!台風の中のグリーンカーペット!

『SHINOBI』初日舞台挨拶のチケットもゲット!投資もね!

東京国際映画祭!

東京フィルメックス!やはりゲストのお話が聞けると楽しい!

ワダエミの衣装世界!

『SAYURI』ワールド・プレミア IN JAPAN!両国国技館ね〜!

試写会出せば当たる!出さねば当たらぬ!

『インファナル・アフェア3』スーパープレミアin新宿ミラノ座でもらった時計を部屋の片付けをしていて見つけた!
『インファナル・アフェア3』の時計

いろいろ楽しかったな〜!
本当はもっともっと映画を観たい!

映画を通して出会いもありました!(悪い出会いもあったけど・・・)良い出会いがたくさんね!

来年も幸あれ!
posted by 映画子 at 23:22| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 2004年、2005年の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月26日

2006年 冬〜春〜夏 日本公開映画

こんなこと書いているなら、他にやることが沢山あるのだが・・・。来年冬〜春〜夏の、日本公開映画のことを考える私。全部は書いていられないので・・・厳選してっと。(厳選していて余計に時間かかったような気もする・・・)でも多いね。絶対観きれない〜!
注意*間違いあるかも!


1月公開予定
・プライドと偏見
  〜すでに観た!キーラ・ナイトレイ主演。よかった!
2005,11,07(http://eigako.seesaa.net/article/9114397.html#comment)

・グレート・ビギン
  〜すでに観た!よかった!
  〜あのシーン、チラシや予告に入れないでほしかったな〜!
2005,06,19(http://eigako.seesaa.net/article/5171782.html)           2005,10,20(http://eigako.seesaa.net/article/8397641.html
   
・THE 有頂点ホテル
  〜三谷幸喜監督。豪華キャスト!

・オリバー・ツイスト
  〜ロマン・ポランスキー監督

・晴れたらポップなボクの生活
  〜ピーター主演作。興味あるけれど観に行けないだろう。レイトショーのみだから。

・カミュなんて知らない
  〜吉川ひなのちゃん出演

・赤ちゃんの逆襲
  〜フランス映画

・ギミー・ヘブン
  〜江口洋介、安藤政信、宮崎あおいら出演。

・スタンドアップ
  〜シャーリーズ・セロン主演

・プルーフ・オブ・マイ・ライフ
  〜グウィネス・パルトロウ、アンソニー・ホプキンス出演

・ホテル・ルワンダ
  〜ルワンダ虐殺事件

・博士の愛した数式
  〜寺尾聰、深津絵里出演

.ブラックキス
  〜手塚眞監督。観たいけど怖いの苦手なのよ。

・単騎、千里を走る。
  〜チャン・イーモウ監督、高倉健主演

・エリ・エリ・レマ・サバクタニ
  〜青山真治監督、浅野忠信、宮崎あおい出演

・白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々
  〜ドイツ映画

・フライトプラン
  〜ジョディ・フォスター主演

・イノセント・ボイス 12歳の戦場
  〜メキシコ映画



2月公開予定
・ミュンヘン
  〜スティーブン・スピルバーグ監督、エリック・バナ主演

・クラッシュ
  〜『ミリオンダラー・ベイビー』製作・脚本のポール・ハギス監督デビュー作

・美しき野獣
  〜クォン・サンウ出演

・PROMISE
  〜チェン・カイコー監督、真田広之、チャン・ドンゴン出演

・スティーヴィー
  〜アメリカ映画

・ナイト・オブ・ザ・スカイ
  〜ブノワ・マジメル主演

・アメリカ・家族のいる風景
  〜ヴィム・ヴェンダース監督

・リトル・ランナー
  〜 カナダ映画

・ダイヤモンド・イン・パラダイス
  〜ピアース・ブロスナン、サルマ・ハエック出演

・好きだ、
  〜宮崎あおい、瑛太、永作博美、西島秀俊出演



春公開予定
・うつせみ 
  〜キム・ギドク監督

・ブロークバック・マウンテン
  〜アン・リー監督、ジェイク・ギンレイホール、ヒ−ス・レジャー出演

・イーオン・フラックス(原題)
  〜シャーリーズ・セロン主演

・プリティ・ヘレン
  〜ケイト・ハドソン主演

・ラストデイズ
  〜ガス・ヴァン・サント監督

・サウンド・オブ・サンダー
  〜公開があまりにもおくれたから興味アリ

・ベロニカは死ぬことにした
  〜ブラジルの作家、パウロ・コエーリョの小説を映画化

・マクダル・パイナップル王子
  〜声優でアンディ・ラウ、アンソニー・ウォン

・メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬
  〜トミー・リー・ジョーンズの監督&主演作

・南極物語
  〜子供の頃観たなあ。ディズニーがリメイク、ポール・ウォーカー出演

・マンダレイ(原題)
  〜ラース・フォン・トリアー監督

・ウォ・アイ・ニー
  〜チャン・ユアン監督

・緑茶(原題)
  〜チャン・ユアン監督 

・コルシカン・ファイル
  〜ジャン・レノ、クリスチャン・クラヴィエ出演

・SPIRIT〈スピリット〉
  〜ジェット・リー、中村獅堂、ミッシェル・ヨー出演

・リバティーン
  〜ジョニー・デップ、サマンサ・モートン、ジョン・マルコビッチ出演

・美しき運命の傷痕
  〜K・キェシロフスキの遺稿の映画化。エマニュエル・ベアール出演

・親密すぎる内明け話(仮題)
  〜パトリス・ルコント監督



GW公開予定
・Vフォー・ヴァンデッタ(2006.4.29日本公開)
  〜ウォシャウスキー兄弟脚本、ナタリー・ポートマン主演

・タイム・トゥ・リーブ(仮題)
  フランソワ・オゾン監督

・アンジェラ(原題)
  〜リュック・ベッソン監督

・ブロークン・フラワーズ
  〜ジム・ジャームッシュ監督



5月公開予定
・ザ・ジャケット
  〜キーラ・ナイトレイ出演

・ダ・ヴィンチ・コード(2006.5.20全世界同時公開)
  〜ロン・ハワード監督私はだめかもしれないから、先に原作読もう

・嫌われ松子の一生(2006.5.27日本公開)
  〜これも先に小説読もうかな

・STAY(仮題)
  〜ユアン・マクレガー、ナオミ・ワッツ出演


6月公開予定
・やわらかい生活
  〜 すでに観た!よかった!
2005,11,23(http://eigako.seesaa.net/article/9804035.html

・花よりもなほ(2006.6.3日本公開)
  〜是枝裕和監督・脚本、岡田准一主演

・カサノバ
  〜ヒース・レジャー、シエナ・ミラー出演


初夏公開予定
・初恋
  〜3億円事件の新解釈。宮崎あおい主演


夏公開予定
・DEPARTED (原題)
  〜『インファナル・アフェア』のハリウッドリメイク。
    マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ、マット・デイモン主演

・M:I−3(2006.7.8日本公開)
  〜第3弾!

・パイレーツ・オブ・カリビアン2
  〜第2弾!

・エコール
  〜L・アザリロヴィック監督

・ゆれる
  〜オダギリジョー、香川照之主演

・日本沈没
  〜草なぎ剛、柴咲コウ出演

公開日よくわからないが〜春〜夏もしくは秋?
・スリー・タイムズ(原題)
 〜 すでに観た!よかった!
2005,11,19(http://eigako.seesaa.net/article/9636647.html

・ヘイヴン(原題)
  〜オーランド・ブルーム出演

・モーツァルト・アンド・ザ・ウェール(原題)
  〜 ジョシュ・ハートネット、ラダ・ミッチェル出演

・ブラック・ダリア
  〜ブライアン・デ・パルマ監督、ジョシュ・ハートネット、スカーレット・ヨハンソン

・レイク・ハウス
  〜『イルマーレ』のハリウッドリメイク
   キアヌ・リーブス、サンドラ・ブロック出演

・レント
  〜ミュージカルの映画化

・デイジー(原題)
  〜アンドリュー・ラウ監督、チョン・ウソン、チョン・ジヒョン、イ・ソンジェ出演

・キンキー・ブーツ(原題)
  〜イギリス映画

・ロシアン・ドールズ(スパニッシュ・アパートメント2)(仮題)
  〜第2弾!

・エジソン
  〜ケヴィン・スペイシー、モーガン・フリーマン出演

・インランド・エンパイア(原題)
  〜デビッド・リンチ監督、ローラ・ダーン、ジェレミー・アイアンズ出演

・パーハップス・ラブ(原題)
 〜来年1番の楽しみ♪

2005年12月23日

2005年12月18日

今度は『ラフ』か〜

今度は映画『ラフ』に長澤まさみちゃん主演ですって〜!
またあだち充さん作品ですよ〜!
これってどうなんだろ〜!

「タッチ」は原作読んでいたし、アニメもみていたけれど、私「ラフ」は読んでいなかったのかな?ほとんど記憶にない。



あだち充さんは、2作連続主演となる長澤まさみちゃんについて「とてもスクリーン栄えのする女優さん」と期待している。とのこと。
その意見には私も全く同感デス。
 
2006年3月中旬クランクイン、全国東宝洋画系2006年秋公開予定
長澤まさみちゃんは飛び込み選手・二ノ宮亜美役で、競泳用水着を着用し本格的なスポーツシーンに挑むそうだ。

大谷健太郎監督(『NANA』)
金子ありさ脚本(『電車男』)

posted by 映画子 at 00:00| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004年、2005年の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月14日

『2046』ネタ

ニューヨーク映画批評家協会賞が12日発表され、最優秀外国語映画賞に『2046』が選ばれた。同協会賞は、ゴールデン・グローブ賞と並んで、オスカーの行方を左右する重要な賞で、社会性や芸術性のある作品の選定が特徴。ニューヨークを拠点とする新聞、雑誌の映画批評担当者35人が選出する。乱立する批評家協会賞の中で、もっとも歴史が古く1935年から行われていて、最も権威ある賞といえる。アカデミー賞は来年3月5日。
posted by 映画子 at 14:18| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 2004年、2005年の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月13日

日本人続々ハリウッド進出だね

 来年公開予定の米映画「ワイルドスピード3:TOKYOドリフト」(仮題)(ジャスティン・リン監督)に、日本人キャストとして、北川景子が抜てきされたことが11日分かった。

北川 景子(きたがわ けいこ)
1986年(昭61)8月22日生まれ。
「SEVENTEEN」(集英社)専属モデル。
カリスマモデルとして10代の間では有名。
都内の有名私大に通う現役女子大生。
映画では、「水に棲む花」(後藤憲治監督、来年公開)、「間宮兄弟」(森田芳光監督、来年公開)に続いて3作目の映画出演。3本目の映画にして、ハリウッドのアクション大作に出演するという!10月から米ロサンゼルスでの撮影に参加し、今月から日本でのロケに挑んでいるとのこと。

この前、友達の家で子供がみていた、「美少女戦士セーラームーン」DVDのセーラーマーズ役の子かな?






posted by 映画子 at 00:33| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004年、2005年の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月26日

ワダエミの衣装世界へ行って来た

ワダエミ衣装展入口の所

残念ながら場内では撮影禁止なので、本物の衣装などは会場で!

青龍

オープニングイベントの、青龍練り歩きは残念ながら、入場待ちの列が微妙な位置になってしまい、よく見えませんでした〜。

新春ドラマ「里見八犬伝」(TBS系)から陣内さんが駆けつけていて、そのトークと、テープカットの写真撮影で、司会の方の「今切りますよ〜。というところでハサミをとめてくださいね〜。切っちゃだめですよ〜」が私のツボでした!w

そして、やっと私たちが入館する番が近づいてきました。
入口の所には、なんとエミさんがいるではありませんか!
なんてお声をかけようか考えていると、さがって(取材かな?)しまいました・・・。

入場すると、いきなり『HERO』
『HERO』は風で衣装がはためいていた印象があったが、ほんとに風にはためきやすそうな衣装でした。シルクで薄くて、たっぷりの布を使用しているようです。
(展示されていた赤の衣装には風が送られていました。)
ワダエミの衣装世界チケット

『LOVERS』の展示では牡丹坊での太鼓も展示されていました。
豆を投げたかった〜!w
(豆でよかったっけ?)

そこにあるピンクの衣装で、ツィイーが、そこにある太鼓に袖をぶつけて踊ったと思うと、ちょっと鳥肌!

小妹や牡丹坊の女将の衣装に変に今風にコサージュみたいにお花がつけられていて、
「それは必要ないのでは?」と思ったがいかがなものか。
たしかお花なんてつけていなかったよね〜?
私の記憶は曖昧なのですが・・・。

金の足元は茶色のブーツだったが、それもそうだったかしら〜?

オスカー像たちも展示。
今思うと、もっとよく見ればよかった!
生で見る機会なんて、そうないよね〜!
新体操のボールの演技みたいな像もありました!w

映像コーナーでの、映像では、染め工房みたいなところで、一生懸命染めている職人さんに興味を惹かれたかも。
職人さんってステキですよね〜。
そしてチョン・ウソンの衣装合わせの映像が見られて、ちょっと嬉しい!
かっこいいよね〜。
ワダエミさんは、韓国映画『中天』では、チョン・ウソンさんの衣装だけでなくヘアメイクから靴まで全てをデザインされていらっしゃるようです!
すご〜い!

ラストの物販スペースでは、すっかりワダエミの世界に入ってしまった私は、お土産を購入。
衣装端切れセット(小)
『LOVERS』の衣装端切れセット(小)
ツィイーのピンクの衣装の端切れや、アニタ・ムイが着るはずだった抹茶色の端切れなど。
(大)は既に売り切れでした!
見たかったな〜。
(中)も(小)も、もう今は売り切れたことでしょう。

そうそう、スッタッフさん達のユニフォームもエミさんのデザインなんですってね〜!

ワダエミ衣装展外苑駅のポスターたち

*なんと、ワダエミさんが12月2日放送予定の『金曜日のスマたち』(TBS系列)『金スマ波瀾万丈』に出るらしい!生い立ち〜展覧会が開催されるまでのドキュメント。見なきゃ〜!


p.s.Tさん&Tさんのご友人さんありがとうございました。
posted by 映画子 at 18:57| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 2004年、2005年の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月21日

あまりにも体調が悪かったなかでの映画祭スタート

土曜日体調が悪く午前中の歯医者の予約をキャンセル。
午後起きたけれど、気分がすぐれない。
そのうち、お腹がピーピーに。
映画祭なのに・・・。
ピーピーも出してしまえば、治ることが多いので、そのまま国際フォーラムへ向かう。

オープニングがはじまる。
第6回東京フィルメックスオープニング・セレモニー
審査員達。
審査員の西島秀俊さん、日本人なのに、顔ちっちゃかったな〜!
この画像だと、右から2番目。

そして、最悪の体調での映画の鑑賞がはじまる。
こんな体調での映画鑑賞は初めて!

『スリー・タイムズ』鑑賞中は、体のフシブシもずきずききて、「あー風邪だわ」
汚い話で恐縮ですが、上からも下からも出したいような。
食欲もなく、ろくに食べていないから出すものもないやって感じ。
3話目では座っているのに貧血状態。「やば〜」
退場するか、自分の体調との駆け引きが続く。
「早く上映終わってくれ〜」と願うばかり。(ホウ・シャオシェン監督ごめんなさい!)

映画が終わり、ホウ・シャオシェン監督のQ&Aは辞退して退場するか考えたが、ホウ・シャオシェン監督のお話があまりにも面白くて退場できなかった!
『スリー・タイムズ』上映後Q&A
ホウ・シャオシェン監督の日本語使い、そして惜しげもなく製作裏話を語る語る!
林加奈子ディレクターのつっこみ(ではないのでしょうが、つっこみになっていました!)
も絶妙でした!
(Q&AはフィルメックスHPにUPされることでしょう。)

そして、あまりにも気持ちが悪くて電車で座っているのも苦痛で家に帰れないかと思ったけれど、どうにか帰れた。家に帰ることができてよかった。

昨日はずっと寝ていた。

今日は会社を休んだ。
さっき、やっと起きることができて、ちょっとブログを書く。

前日まで全然元気だったのに・・・なんなんだ!私って!!!!


posted by 映画子 at 00:00| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 2004年、2005年の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

『私の頭の中の消しゴム』のはがき

『私の頭の中の消しゴム』映画館にあったハガキ

映画館にハガキがあるよ。
かわいいです!
posted by 映画子 at 00:00| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 2004年、2005年の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月03日

第6回東京フィルメックスチケットの発売日

今日は第6回東京フィルメックスチケットの発売日。
ぴあリザーブは全滅。
結局ネットでチケット獲得。


posted by 映画子 at 17:55| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004年、2005年の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月02日

『影の伝説』映画化

「影の伝説」、タイトー人気ゲームの映画化だって!
うわー、また驚いた!

20分〜30分のショートフィルム作品、自主制作映画ということです。

2005年秋公開予定ってもう今ジャン!

ちょっと気になる・・・。
posted by 映画子 at 19:08| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004年、2005年の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

12月10日から「サロンパス ルーブル丸の内」に

 久光製薬が10月18日、東京・有楽町の「有楽町マリオン」新館7階にある映画館 「丸の内ルーブル」の命名権(ネーミングライツ)を取得したと発表したと聞いた時は驚いた!

 「サロンパス」と「丸の内ルーブル」は共通点があまりにもないじゃないですか〜!「サロンパス」は「サロンパス」であって、「丸の内ルーブル」は「丸の内ルーブル」なのであって、全然別物でいいと思うのですが・・・。なんかかみ合っていないと思うんですけど〜。私がとやかくいうことじゃあないですね・・。

 契約期間は12月10日から3年間。 国内の映画館での命名権の売買は初めてらしい。

 こんなこともあるんだね〜。

posted by 映画子 at 22:56| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004年、2005年の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月30日

東京国際映画祭の感想

たしか、昨年は海外ゲストもっと来日してましたよね?
毎年大物ゲスト1人は来ますよね?
なんだか、今年はめちゃくちゃ少なかったような気が・・・。

私が観た映画では、空席が目立ちました。
オークション狙いでチケットを購入した人が、ゲストが来ず売れずの結果だったのでは?
と私は推測。だとしたら、とっても残念な話です。
じゃなきゃ、東京国際映画祭のような購入困難なチケットをせっかく購入したのに、会場に来ない人、そんなにいますう?

それから、遅れてくる人(まあ多少は仕方ないけれど・・・)、ドリンクをひっくり返す人(そりゃわざとではないでしょうが・・・)、エンドクレジット終了まで待たず席を立つも多いのですね。

映画に関係ないゲスト来ないなら、誰もこなくていいよ。



posted by 映画子 at 23:27| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004年、2005年の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月21日

ああ、早1年。

昨年の今頃、あさって公開『2046』という記事で、このブログをはじめたっけ。

映画って、観れば観るほど、すてきな作品に巡り合って、その監督や出演者の過去の作品も観たくなってたまらないのだけれど、どうも今の私は新作を観る事で精一杯。

あー、もっと時間がほしい!

posted by 映画子 at 23:36| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 2004年、2005年の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月20日

北斗ファンド

そういえば「北斗ファンド−英雄伝説−」はじまってますね。

「北斗の拳」のケンの漢字も分からなかった「北斗の拳」に思い入れのない私なので、投資はしませんが・・・。思い入れがある作品だったら投資したでしょう。

posted by 映画子 at 23:07| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004年、2005年の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『グレート・ビギン』で日本公開

今年6月にフランス映画祭にて鑑賞した『ジェネシス』
『グレート・ビギン』という題名で、2006年 お正月第二弾 日本公開
そーゆー宣伝できたか〜。


*1月14日(土)より銀座テアトルシネマにてロードショー

監督、脚本:クロード・ニュリザニー&マリー・プレンヌー
思い出す。おだやか〜な感じの、やさしそ〜な感じのお二人を・・・。握手したその手が暖かかったことを・・・。
posted by 映画子 at 00:20| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004年、2005年の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月16日

試写会応募に励む私

こんなに試写会応募に一生懸命になってどうする?と自分でも思ったり。
最近やっと成果が報われてきたみたい。
今は、観た映画のパンフレットは必ずほしいので、パンフを後日買うのが面倒だったりするが・・・。
また応募しよっと。

9月当選
『私の頭の中の消しゴム』×2 10月22日公開
 
10月当選
『ARAHAN/アラハン』 10月22日公開
『真夜中のピアニスト』 10月8日公開
『阿修羅城の瞳』DVD発売記念上映会(都合によりキャンセル)
『ブラザーズ・グリム』(これは友達)11月3日公開
『エリザベスタウン』 11月12日公開
『イン・ハー・シューズ』 11月12日公開
『ロード・オブ・ドッグタウン』 12月公開予定
posted by 映画子 at 17:19| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004年、2005年の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月15日

いよいよ来週末からスタートする第18回東京国際映画祭

作品が沢山ありすぎてなかなか決められず。
といっても、今年は大物スターっていう人がいない感じね・・・。

結局ゲスト目当てで2作品をチョイス。
そして、なんとかお目当ての2作品チケットゲット!

ゲストが来なくても、作品もよさそう。
といっても、ゲストに期待!
生ペネロペ&生スーザン&生キャメロンに会いたい!

10月26日(12月10日公開)
『NOEL(ノエル)』('04英/ギャガ)96分
監督:チャズ・パルミンテリ 
出演:スーザン・サランドン ペネロペ・クルス 

10月27日(11月12日公開)
『イン・ハー・シューズ』 ('05米/FOX)141分
監督・製作:カーティス・ハンソン 
出演:キャメロン・ディアス トニ・コレット 

『イン・ハー・シューズ』試写会状
試写会も当選した!
posted by 映画子 at 17:01| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 2004年、2005年の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月14日

『日本沈没』エキストラ大募集

映画好きはまたエキストラにも参加したい。
一度経験したら、ますます参加したい。
『日本沈没』もエキストラ参加募集しているので参加を検討したが、場所や日程を考え参加を見送った。
またの機会に是非!

作家小松左京氏のベストセラー小説「日本沈没」が33年ぶりに、草なぎ剛さんと柴咲コウさんの主演で再映画。樋口真嗣監督。
 
公開2006年夏予定 配給:東宝

http://www.plusmic-cfp.com/nippon-chinbotsu/

日にちの変更や追加など、ばんばんあるね〜

*募集は終了したようです
posted by 映画子 at 22:01| 埼玉 ☀| Comment(14) | TrackBack(1) | 2004年、2005年の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月08日

市原ぞうの国inメレンゲの気持ち

メレンゲの気持ち(日テレ系)を見ていたら、モンキッキーのコーナーメレンゲ探偵団は市原ゾウの国だった!

坂本哲夢君の弟さんが、お兄ちゃんと同じようにがんばっているようですね。
う〜ん、若い子ががんばっているのをみていると、こっちが励まされます。

ちなみに、ランディは寝ているときに誰か象に足を踏まれて(たしかそんなことをだったはず)足を怪我していました!お大事に!
posted by 映画子 at 15:30| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004年、2005年の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。