2006年03月29日

『イーオン・フラックス』

2005年/アメリカ映画/カラー/シネスコ/93分
配給:ギャガ・コミュニケーションズ Powered by ヒューマックスシネマ
協力:ジェネオン エンタテインメント
原題:Aeon Flux
字幕翻訳:林完治(手書き風字幕)

★★★☆☆

『スタンドアップ』『イーオン・フラックス』は『モンスター』でシャーリーズ・セロンがアカデミーを獲る前に契約した作品。次にシャーリーズが出演のサインをする作品が楽しみだ。

以下ネタバレあり





宣伝で強調しているのは、セロンの蜘蛛女的姿や、女戦士。
バリバリのアクション映画かと思いきや、アクションはおまけで、
実際の映画は、裏に隠されているものこそ主題だった!


ピーター・チョンの同名のアニメ作品を実写化。
90年代に米国MTVのリキッドTVから生まれたセクシーSFアニメを、
日米ハーフ女性、のカリン・クサマ監督が映画化。

一般向けにアレンジされた実写版の今回の映画よりも、マニアックなアニメ版のほうが断然面白そうだわ〜!映画は映画で、おもしろかったけどね!

映画はなんとも中途半端な感じが残る。
なんとも、おしい〜!
何かを変えれば、もっと断然良くなったろうに。
でも、何だろう?よく分からないが。


とにかくシャーリーズ・セロンを楽しめます!

今回の作品は、いつも気になる細眉がピッタリでした!

今回の黒髪もとても似合うけど、私は、黒髪じゃないほうがスキ!
セロンの姿・形はもちろんだけど、髪型がとっても気になりました!
サイドが長いのはいいけど、後ろ髪が笑える!切り口が変なの!なして?

     似てる!
       ↓


バレエダンサーだったからか、立ち姿が美しい!しなやか!
アクションといっても、例えばアンジーの力強さとは違う美しさなの。例えば荒川静香さんの美しさ。

アクションシーンは全て自分でやったそうな。
トレーニングには、4ヶ月間、週6日、1日5時間。
バク転をした時に首がずれてしまって5日間入院して、その後は撮影が7週間遅れてしまったそうな。首がって!あーた!おそろし〜!
よく周囲が止めなかったよな〜。止めても「自分でやります。」って言ったんだろうケド。

シャーリーズ・セロンの衣装はアニメより全然、おさえたらしく、そんなに激しくなかった。ピチピチだけどね。とはいっても一般ピープルには絶対着こなせません!というか、着てほしくない!着られるものならば着てみなさい。着てみろ。着てみたら?着てみれば?

この衣装はセロンでも無理!お尻が!
       ↓


それにしても、不自然な寝巻きには驚いた!
あんなの着るなら(着るというほど布はない)裸で寝るさ!

飛行船(?)の中での、階段をたしか2つとばし昇り!かっこいい!
会社の階段でやってみようとしたが、1段とばししかできませんでした!w

人間なんだよね。セロンは。
アップの時の肌の質感とかは、シャーリーズは人間らしさを感じる。
例えば二コールのお顔のお人形感とは違う。

ラストで、振り向く、過去のセロンの表情がステキでした!


つっこみどころは満載!
傘は和傘かよ〜!
街で、みんな変な服!
簡単に進入できちゃうし、映画オリジナルだという、殺人芝生、殺人トロピカル・フルーツの実、鉄球なども、面白いけど。
何度も致命傷を負っているはず・・・。
などなど、きりがないけど、そこはおいといて・・・。


ハエを目で捕まえたシーンに、「おおおっ!」


カプセル(?)を口移しで渡すシーンも、「おおおっ!」


映画を観ていて、人間関係とかについていけなくなりそうになり、開き直って「まいいか。人間関係はなんとなくで。」と観ていたら、その辺は、まあ大丈夫な、そんな感じの映画でした!


近未来の映画は多いと思うが、私が最近観た映画では『アイランド』を思いした。クローン人間はやっちゃあ、いかんと思います。


マートン・ソーカスはトレバー・グッドチャイルド8世役。

ジョニー・リー・ミラーはトレバーの弟オーレン役。
(アンジーの元夫。『トレインスポッティング』に出演。俳優仲間のユアン・マクレガーと、ジュード・ロウらと製作会社?劇団?「ナチュラル・ナイロン」を設立。)

フランシス・マクドーマンドはモニカンの頭領のハンドラー役でびっくり!

ポスルスウェイトはキーパー役。
特殊メイク&衣装はなんであんなんなの?400年待っていたから?w

ソフィー・オコネドーはイーオンの相棒・シサンドラ。
足が手になっていたの、良く見えなかったよ〜!

アメリア・ワーナーはイーオンの妹役。
(コリン・ファレルと4カ月間結婚)

イーオンに耳を引きちぎられていた人、結構平気なんだも〜ん!痛そうでこっちが気になったよ〜。


桜が変だった。
何が変なのかと思ったら、映画の中での桜は幹がまっすぐに立っていませんでした?映画帰りに、桜の木の横を歩いたら、幹が違った。


『イーオン・フラックス』の来日記者会見で、
「美しさの秘訣は?」と聞かれたシャーリーズ・セロン。
「幸福を信じているから。人が幸せで、心が穏やかな時は美しいのよ。」

私も幸福を信じよう。


こちらはアメリカのサイト
http://www.aeonflux.com/


パンフ 600円
posted by 映画子 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(6) | 2006年に観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15907840

この記事へのトラックバック

『イーオン・フラックス』
Excerpt: イーオン、君に泣いているヒマはない。   ■監督 カリン・クサマ■キャスト シャーリーズ・セロン、マートン・ソーカス、ジョニー・リー・ミラー、ソフィー・オコネドー、フランシス・マクドーマ..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2006-04-23 00:20

イーオン・フラックス
Excerpt: 夜桜を見物してきました。今年はお花見をせずに終わるかと思ったのでちょっといい気分です。もう桜って最高。キレイで、せつない花ナンバー1です。しんみり。これで毎年、私は日本人なのだなあと思ったりします。小..
Weblog: ayaxgogo
Tracked: 2006-04-25 21:24

イーオン・フラックス DVD
Excerpt: 「モンスター」でアカデミー賞最優秀主演女優賞に輝いたシャーリーズ・セロンが、 全身武器の美女戦士役に挑み本格的なアクションまで披露した近未来SFムービー。 MTVの人気短編アニメを実写化した作品になり..
Weblog: 噂の情報屋
Tracked: 2006-08-06 20:25

イーオン・フラックス (Aeon Flux)
Excerpt: 監督 カリン・クサマ 主演 シャーリーズ・セロン 2005年 アメリカ映画 93分 アクション 採点★★★ 「ミッキーさん、カッコイー!!」「オーウェン、かわいー!!」と、男優ばかり褒めちぎるブログ..
Weblog: Subterranean サブタレイニアン
Tracked: 2006-09-29 01:00

イーオン・フラックス
Excerpt: ジェネオン エンタテインメント イーオン・フラックス スタンダード・エディション 時は2415年。 品種改良によって発生したウイルスで人類の99%が死滅し、 生き残った50..
Weblog: 鑑賞文
Tracked: 2007-07-02 16:54

イーオン・フラックス
Excerpt: 作品情報 タイトル:イーオン・フラックス 制作:2005年・アメリカ 監督:カリン・クサマ 出演:シャーリーズ・セロン、マートン・ソーカス、ジョニー・リー・ミラー、ソフィー・オコネドー、アメリア・ワー..
Weblog: ★★むらの映画鑑賞メモ★★
Tracked: 2010-08-18 12:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。