2009年10月17日

『ホースメン』試写会にて

チャン・ツィイーが出演ということだけが気になっていた作品。
しかしツィイーが猟奇的な殺人鬼役って・・・
女優ならば、いろんな役をやりたいってことかしらね。

「新約聖書」とか「ヨハネの黙示録・四騎士=ホースメン」とかそういう系全然わからないし、マイケル・ベイと私は相性があんまりあわないので、期待しないで観てきた。


チラシを見た感じでは、デニス・クエイドとチャン・ツィイーがW主演なんだけど、映画を観ると、
デニス・クエイドはずっぱり。ツィイーは全然少ない・・・。

デニス・クエイド@刑事ブレスリン
ルー・テイラー・プッチ@アレックス・ブレスリン
ショーン(リアム・ジェイムズ)

チャン・ツィイー@被害者の養女クリスティン
1979年02月09日生まれ(誕生日が私と1日違い!年は違うけど)w
なのに、この映画では何歳なんだ?
少女っぽくしてるけど。
実際の年齢近い設定なら、母を恨むとか、もうそういう年齢でもないと思うが・・・。

教えてもらった情報によると、18歳の設定だったそうだ!
みつあみおさげヘアーも若く見せたかったからだったのね〜ん。

牢屋でもメイクしてて、美しいし、表情の演技が大げさでハリウッド演技になっていたので、がっかりした。ハリウッドの映画だから仕方ないか。

ポケットから血だらけの・・・わけないジャン!
何日たってるんだ!
とか、そこで観客につっこみいれられちゃいかんでしょ。


クリフトン・コリンズJr.@相棒の刑事スティングレイ
『サンシャイン・クリーニング』の掃除道具屋の店員だ!
気がつかなかったよ〜。


グロさは吊られているところを見なければそうでもなかった。『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』に比べれば全然かわいいもんだった。あの人間彫刻(?)は見たくなくても目に入って辛かったから。



原題:The Horsemen
監督:ヨナス・アカーランド
製作:マイケル・ベイ
製作国:2008年アメリカ映画
上映時間:1時間30分
配給:カルチュア・パブリッシャーズ

★★
posted by 映画子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年に観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131160328

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。