2009年08月20日

漫画「PLUTO」を読んだ



手塚治虫先生ファンなのに、「鉄腕アトム」はテレビでリアルタイムで見た世代ではないし、漫画も未読な私。

「鉄腕アトム」読みたい、読まねばと思っているうちに、「PLUTO」がはじまって、完結していた!!!

原作は手塚治虫の『鉄腕アトム』に含まれる「地上最大のロボット」の回。監修・手塚眞、プロデューサー・長崎尚志、協力手塚プロダクション。

作者の浦沢直樹が生まれて初めて漫画で感動した作品が、手塚治虫の『鉄腕アトム』のエピソードのひとつである「地上最大のロボット」であった。熱烈な手塚ファンである浦沢はこのリメイクを切望。2002年冬、手塚治虫の息子である手塚眞にその許諾を求める。手塚は一度はこれを断るものの、その後の浦沢の熱心なラブコールに心を動かされ、2003年3月28日に「地上最大のロボット」のリメイクを了承。同年9月よりビッグコミックオリジナルにて連載がスタートした。

http://ja.wikipedia.org/wiki/PLUTO


「鉄腕アトム」全巻読みたい〜!!!


ハリウッド版CGアニメ映画『ATOM』は10月10日日本公開


P.S.
弟よ、読んだ?
クマノヌイグルミはなんなの?
posted by 映画子 at 20:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 本・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

PLUTO (3) ビッグコミック
Excerpt: PLUTO (3) ビッグコミック まだ3巻ですが…… 1巻の終わりでアトムが、2巻でウランが印象的に登場。 やられた〜と思ったのだ...
Weblog: もぼなもな書房
Tracked: 2009-09-17 11:43
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。