2009年08月07日

『男と女の不都合な真実』試写会にて

あんまりラブコメは観ないけど、ジェラルド・バトラーが気になって観てきた。

大人のラブコメディ。シモネタ満載。チラッとシモネタじゃなく、ここまでやるか?ってくらいで驚いた。でも笑っちゃった。

ジェラルド・バトラー×キャサリン・ハイグル

この二人が演じたから、ありだったのだろう。
でなきゃただの下品な映画になっていたでしょう。



美人の敏腕TVプロデューサー、アビー:キャサリン・ハイグル
大人なのにキュート!
小躍りするところ、一番かわいかった!
でも11ヶ月恋はご無沙汰なんて、ご無沙汰に入らないと思うけど・・・。
にしてもここまでやるとは、すごいわ〜。

アビーの理想通りの男性コリン:エリック・ウィンター
かっこいい!理想の条件どおりだし!もったいない!

下品なトークで高視聴率を稼ぐ恋愛パーソナリティ、マイク:ジェラルド・バトラー
こんな役もするのね〜。

マイクの言うとおりにしたら、コリンをゲットできたわけなので、マイクのいうことも間違ってはいないようだ。まずは見た目からだね。


原題:The Ugly Truth
監督:ロバート・ルケティック
製作国:2009年アメリカ映画
上映時間:1時間35分
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

★★★(9月18日公開)
posted by 映画子 at 21:51| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 2009年に観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/125293437

この記事へのトラックバック

「男と女の不都合な真実」ラブ&コメの新しい可能性を見た
Excerpt: 「男と女の不都合な真実」★★★★ キャサリン・ハイグル、ジェラルド・バトラー主演 ロバート・ルケティック監督、95分、2009年、アメリカ 、2009-09-18公開      ..
Weblog: soramove
Tracked: 2009-10-11 22:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。