2009年08月06日

『蟹工船』


原作は題名と作者名くらい日本人なら誰でも知っているだろう小林多喜二の「蟹工船」。私も知っている。が、読んではいない。

SABU監督が現代風にアレンジ。

人間も服も船内も、もっとボロボロになりそうなものだけど、そうでもない。衣装もおしゃれ。寒いとかもリアリティない。時代も今なのか、昔なのかよくわからず。大げさな演出。やたら音楽であおってた気がした。不思議な世界観。アニメっぽかったな。
でも、映画だからよし。

集団自殺に失敗は笑うところなの?
今やりたいこと「踊ること」
軽めに、つくりたかったのかな。

国家のためとかってどうもピントこない。

邦画ってセリフが聞き取りづらいことが多いけれど、この作品はかなりそうだったのが残念。

出演者がうれしい!

鬼監督:西島秀俊
鬼監督っぽく見えない。それは私がファンだから?「西島さん本当は優しいのに、あんな人じゃないのに・・・」と思ってしまう。ただの一ファンな私です。

これらの出演者、嬉しい!いい役者みていると嬉しくなるよね〜。
労働者:松田龍平、高良健吾、新井浩文、柄本時生、三浦誠己、山本浩司、無電係:中村靖日

お笑い芸人相変わらず映画界からお呼びがかかるのね
労働者:木下隆行(TKO)、木本武宏(TKO)

その他労働者
竹財輝之助、利重剛、清水優、滝藤賢一、高谷基史、東方力丸・・・

雑夫長:皆川猿時・・・グループ魂の人だ!

役員:矢島健一
船長:宮本大誠
給仕係:野間口徹
中佐:貴山侑哉

ロン:手塚とおる

谷村美月、奥貫薫、滝沢涼子、内田春菊、でんでん、菅田俊、大杉漣、森本レオなどなど


監督・脚本:SABU
原作:小林多喜二
製作国:2009年日本映画
配給:IMJエンタテインメント

★★★
posted by 映画子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年に観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。