2010年01月31日

『かいじゅうたちのいるところ』(吹き替え)

ギリギリまで予定が決まらなかったが、結局姪Mちゃんと姪Aちゃんと私の3人で映画を観てきた。甥Y君は野球の練習に行き、映画に行かないかわりに「コロコロコミック」を買ってあげることになった。(実際はコマのシールを買った。)



大人向けな作品になっていた。
幼児には長すぎた。小学生くらいの女の子達にはOKの長さらしい。(隣の席の3,4人の小学生くらいの女の子達は上映後に「○回泣いちゃった!」「私も!」などと楽しそうにお喋りていた。)

それにしても、絵本ではいなかった姉、ひどい。弟は傷つくよ。
絵本ではあんなことは描かれていなかった母。あの態度もひどい。息子は傷つくよ。
マックスは悪くないよ。あそこで我慢しちゃう子供のほうが問題ありだよ。マックスはいい子だよ。
冒頭は、そこを大人に気づかせる映画なのだと思った。大人は反省しよう。

マックスが濡れた着ぐるみをずっと着たままだったので「脱がないと風邪をひくよ」と心配でたまらなったのは私だけ?

キャロルの足の毛がないのはそういう設定にしたのか・・・痛い。

かいじゅうが不自然じゃなくて、着ぐるみなのか、どうなのか、どう撮影したのか気になった。

映画ではマックス=キャロルという解釈になっていたね。「なるほど〜。」と思った。

どうしたって別れのシーンは泣ける。


ひよこちゃんのAちゃんは予告で「こわい」。映画がはじまってすぐにかいじゅうがでてこないから「ママに会いたい」「むにゃむにゃ」「ごにょごにょ」つまらなかったらしい。いつ帰りたいと言い出すかドキドキした。

年長さんのMちゃんは一応内容は分かったかな?でも「映画が終ったらコーラ飲みたい」と映画上映中に小声で3回ぐらい言われた。

予告で「こわい」と二人とも言っていたので、子供が観るであろう映画で大人の映画の予告はやめてほしい。


マックス役のマックス・レコーズ君は絶賛だ!
子役で成功しても、間違った大人にならずにいい子で成長してね!

ママ:キャサリン・キーナー
ママの恋人:マーク・ラファロ


映画はセリフまで俳優の演技と思っているので吹き替えでは観たくないのだが、今回は幼稚園児と一緒だったので吹き替えで鑑賞。
マックス:加藤清史郎・・・天才子役とか言う表現は好きでないの
だが、よかった。健やかに成長することを祈るのみ。
キャロル:高橋克己
KW:永作博美


原作: モーリス・センダック

原題:Where the Wild Things Are
監督:スパイク・ジョーンズ
脚本:スパイク・ジョーンズ、デイブ・エガース
製作:数人いるがトム・ハンクスもその中の一人
製作国: 2009年アメリカ映画
上映時間: 1時間41分
配給: ワーナー・ブラザース映画

★★★
posted by 映画子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年に観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

西島さんインタビューなどなど

『サヨナライツカ』公開の宣伝で西島さんの露出うれしい!

「大様のブランチ」のLiLiCo、LiLiCoだから許せるぅ!おもしろかった!

ラジオ「TOKYO CONCIERGE」のインタビューもおもしろかった!暗記したくないのに、暗記する仕事についたとか知らなかったし、今後のこと聞かれてつまったり。
posted by 映画子 at 23:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

『デトロイト・メタル・シティ』

劇場で観れなかった作品。地上波で放送していたのを観た。


松山ケンイチくんは分かってたけど
松雪康子さんの役、ここまでとは!!!

大倉孝二さんに声をだして笑った!!!
遊園地の戦隊者のシーンが一番笑えたかも!

加藤ローサちゃんはやっぱりかわいい!

前半おもしろかった。後半、だれた。

「ピー」がかなり入っていた地上波でした。


原作:若杉公徳
未読。


監督:李闘士男
脚本:大森美香
製作国:2008年日本映画
上映時間:1時間44分
配給:東宝

★★★(*地上波、CMあり、カットあり、「ピー」あり、寝ころびながらの鑑賞デシタ。)
posted by 映画子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビの映画放送 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』

やっと観てきた。
2009年10月28日全世界同時上映、2週間限定といわれていたが、何度目の再上映なんだ?!



マイケルについては、以前CDを買ったがあまり聞かないので売ってしまった程度な私。
ネバーランドや整形疑惑、肌の具合、晩年の奇行については興味深かった私。

夏にロンドンで公演するはずだった幻のコンサート「THIS IS IT」のリハーサルやその舞台裏のドキュメンタリーだが、たまにTVで上映する、アーティストの裏側、追っかけみたいな番組をスケールを大きくして映画にしたというか。

例えば「情熱大陸」を見てもとても感動する。
そういったTV番組でも、一流の人は皆ものすごく真剣で、本気で、まっすぐで、すごいとTVを通してでも伝わってくる。
MJはその一流の中でも一流の一流のトップなのかな。

でも、50歳で踊って歌っていたMJは、只者ではないと思う。もはや人間ではないというか。
MJが普通ではないのは知っていたが。
よく知らないけれど、幼い頃から大人にまみれ、一般ピープルには想像もつかないような体験をしてきて、ちょっと変わってしまったんだろうなと思う。

ところどころゾクゾクするシーンがあったが、私が最も感動したのは、同じ女性だからか、若いダンサーの女性と、若いギターの女性と、若いボーカルの女性のMJとの競演シーン。

皆猛烈に憧れていたMJと競演が決定!公演も近い!ついにリハーサルが現実に!それだけで、ものすごい感動で、動揺してしまうということが想像つくが、「緊張して失敗しちゃった〜!」たじゃダメで、表現者としてMJと対等にならねばならない。
緊張を表さずどうどうとしていた彼女らに泣けた。自己管理も相当だよね。努力に感動。

そして「ボクはここにいるよ」と言ってたMJ。

皆に接する時も、やさしい〜!

やはり優しさ、思いやりが大切だ。

監督は、ロンドン公演そのものの演出も務めていたケニー・オルテガ。


劇場パンフはなかった。売れば売れただろうに。

2009年6月に急逝したマイケル・ジャクソン。
ご冥福をお祈りいたします。


原題:This is It
監督:ケニー・オルテガ
製作国:2009年アメリカ映画
上映時間:1時間51分
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

★★★
posted by 映画子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年に観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

みると涙が出てくる予告

『今度は愛妻家』
試写会で観たけどとてもよかったので。

『サヨナライツカ』
小説はいまいちのめりこめなかったけど、映画をみたら、きっと地味な女性側の石田ゆりこの想いにせつなくなりそう。あくまでもミポリンを美しく撮っている映画なのだろうと予想できるが。
*西島くん楽しみ!

『Dr.パルナサスの鏡』
ヒースの大ファンってわけではなかったのに、ファンってくらいだったのに、泣ける。
posted by 映画子 at 23:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

『ずっとあなたを愛してる』

フランス映画だってだけで観たい。日本で公開されるフランス映画はどんどん少なくなっていて。

初めのクリスティンがノーメイクでなんとも言えない表情でタバコを吸っているアップのシーンからいきなり泣けた。この作品ただものじゃないってことも予感させる。泣きっぱなしだったらやばいな〜と思いつつ。話にどんどん惹き込まれる。こういう丁寧なつくりの映画って好き。

クリスティン・スコット・トーマス:ジュリエット
爪も噛んでたよね。初めは。すべてがいまいましいというような表情だったり。子供にも当たったり。こんな演技をするのって大変だったろうなって思う。擬似体験だもん。つらいよな。

でも、
「私はここにいる」

エルザ・ジルベルスタイン:妹のレア
クリスティンの演技はすごいとは思ったけど、エルザの演技もすごいと思った。いえ、クリスティン以上かも。心を開かない姉に無償の愛。両親さえも姉を切り捨てたのに(心ではオモッテイタケド)、妹は無償の愛。

ロラン・グレヴィル:ミシェル
いい人だ〜。

フレデリック・ピエロ:フォレ警部
実際に川を見に行っててほしかった。ショックだった。

セルジュ・アザナビシウス:レアの夫リュック

リズ・セギュール:レアの養女プチ・リス
実際にクローデル監督の養女だそうです!
子供の正直な心に癒される。

レアの養女アメリア:プチ・リスの妹

レアの義父

フランス映画にありがちな、詳しくは語られずで終ってくれるな〜と、後半はそれが心配だった。
でも、なんとなく教えてくれて・・・。

ジュリエットが勝手にやったなら、そりゃ夫は怒るよ。理由もいわないなんて。両親だって。ジュリエットが正しいとは思わない。医学者だったし母だからの考えがあるのかな。わからないけど。正解はないけど。たしかに理由はなんであれ、罪は罪だし。

レア一家がとってもよい家族で。レアの友達もよい人達。それはレアがよい人だから。その姉もやはりよい人なんだ。

フランスの小説家フィリップ・クローデルの長編監督デビュー作。


原題:Il y a longtemps que je t'aime
監督・脚本:フィリップ・クローデル
製作国:2008年フランス・ドイツ合作映画
上映時間:1時間57分
配給:ロングライド

★★★★★
クリスティンの罪がこの作品のポイントではない。一人では生きれない。やさしさに、愛にふれ、再生し、心を開き、生きていこう。
posted by 映画子 at 15:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 2010年に観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月08日

『アサルトガールズ』

押井守 監督の作品は気になるので観てきた。そして、メイサちゃん主演!



黒木メイサ:グレイ
ドラマ『任侠ヘルパー』で、「本当にこの人かっこいい!」と思ったのだが、今作品も彼女の美しさ、かっこよさ満喫だった!

菊地凛子:ルシファ
カラス女?人間の時は踊っている。セリフ「グアッ」以外声発してったっけ?不思議キャラ。

佐伯日菜子:カーネル
現実は苦労しているらしい。(映画の役の話ね。)
佐伯さんも美しい。でも話すとイメージと違うんだよね。久しぶりに日本語聞いたけど、「あ、やはり黙っていると美人」って再確認。英語の方がいいかも!

藤木義勝:イェーガー
唯一の男性出演者なのに、この人誰だ?これから要チェック俳優さんなのかな?


オープニングの説明長すぎ!!!

「これって、ゲームでいいじゃん!」と思う私。

「監督は深い意味はないがただ創ってみたかったのだろうな。実績を残し、固定ファンもいてという監督だから創れるのだろうな。観客動員とか気にせずにさ。」と思う私。

実際のゲームで、あんなおそい動作じゃやられちゃうよなと思う私。

キャラは二宮金次郎像とカタツムリが気になった。

完成披露試写会で押井監督は、
「8年前の(実写長編)『アヴァロン』に比べて緊張感は20分の1。ちょっとユルい部分も含めて、いい加減な気持ちで楽しんでください。膨大な期待をされると、失望するかも」と独特な言い回しの押井節でアピール。さらに、「メッセージもテーマも何もない作品。今回はいかに女優さんを魅力的に撮るかに集中した。実写監督としては正しい選択なんじゃないでしょうか」とあっけらかんと持論を展開した。主演の黒木については、「放っておいても絵になる女優。だから演技指導も何も、とにかく感じるままでいいと。そのあたりもユルユルです」
と言っていたらしい。
ズバリ!!!


監督・脚本:押井守
製作国:2009年日本映画
上映時間:1時間10分
配給:東京テアトル

黒木メイサのPVで賞

名声を手に入れた監督は好きなことできるで賞

★★(私的には残念で賞)
posted by 映画子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年に観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。