2008年12月31日

2008年を振り返る

『死神の精度』にはじまった2008
恒例となったヨコハマ映画祭雪
忘れられない日本アカデミー賞ぴかぴか(新しい)
夢のような『マイ・ブルーベリー・ナイツ』かわいい

エキストラ映画に参加した『ぐるりのこと。』がやっと公開。

『僕の彼女はサイボーグ』完成披露試写会では、はるかちゃんかわいかった〜ハートたち(複数ハート)

甥っ子、姪っ子たちと初めて映画館へ行った。
甥っ子と二人で映画館へ初めて行った黒ハート

『ホームレス中学生』完成披露試写会

第21回東京国際映画祭はグリーンカーペットだけiモード
『レッドクリフ PartT』『K−20 怪人二十面相・伝』で、怒涛の(金城君にしては)露出グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)


なかなか時間がとれなくなったので、来年も映画はできれば観るが無理せずに。ブログはより簡単に書くことになるでしょう。
posted by 映画子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

『ブロークン・イングリッシュ』

メルヴィル・ブポー出演ということで勝手にフランスが舞台のフランス語のフランス映画だと思っていたら違った!
主にニューヨークが舞台でした!
でもいいの。
ジュリアン=M・ブポーかっこよすぎ!

好きだ〜。この映画。
主役の気持ち分かりすぎ。
途中、泣きそうでした。
ラストが・・・「え!」「これで終わり〜?!」

ゾエ・カサヴェテス監督・脚本
次回作も観るぞ!

★★★★
posted by 映画子 at 22:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年に観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月20日

『レッドクリフ PartT』(3回目)

金城君の出演作が同じ時期に2作も公開っていつ振りだ???めずらしい!貴重なこの時。鳩つながりだし、『K-20 怪人二十面相・伝』『レッドクリフ PartT』同じ日に観たかったので、『K-20 怪人二十面相・伝』の初日に『レッド・クリフ』をみてきた。

日劇2のあとに有楽座に行ったら、ものすごく並んでいたのであった。私は夜の回の席を押さえた。

むふふ!

その後遅いランチ(早いディナー?)を武迷と楽しく過ごす。

『レッドクリフ PartT』は見所満載で上映時間が長い上、気が休めないので大変である。

夜の回は空いていた。のに、私の周りは激混みで、指定席だと他の席に動けなく・・・席選びが難しい!



★★★★
posted by 映画子 at 23:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年に観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『K−20 怪人二十面相・伝』初日2回目にて(4回目)

とうとう初日を迎えました!
パチパチパチパチ!

ネタばれはひかえますが
私の好きなシーンでも書いときますか。

平吉の修行シーン。
あるときは医者、按摩、などなど。

まっすぐの直線を走る走る走る!!!
見ていて楽しい!!!
たまにはコース変えたほうがいいと思うけど・・・。

平吉と源治が明智に捕まった後くらいに、
平吉と明智がどアップになって横顔にスクリーンに映し出され、
男と男のバチバチバチって感じの二人の迫力!

ラスト近くで平吉が鳩を飛ばすシーン。

posted by 映画子 at 22:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年に観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『K−20 怪人二十面相・伝』初日舞台挨拶2回目の回

チケット争奪戦はものすごかった!
業者に半分以上もってかれたってウワサ・・・。
私がつながった時にはすでに完売だった。
けど、今回も武迷友達のおかげで2回目のチケットを1枚譲っていただき、舞台挨拶の回を観に行くことができた!ありがとう!!!

今日はブランチに出演してからの舞台挨拶ということで、ブランチを見てから有楽町に向かう。

2回目の回だから、マスコミも入らないし、短いだろうな〜と覚悟はしていたが・・・短かった!
あっさりしていた!

完成披露の時は長めで30分くらいあったのに、ちょっとがっかりな本日の2回目。

でも、思いのほか前方の席で、完成披露の時よりも前で、にんまりでした!
だって、となりの共演者と何か話している声も聞こえそうだった!

日テレの女子アナが司会。

舞台挨拶登場は、本郷奏多くん、仲村トオルさん、金城武さん、松たか子さん、國村隼さん、佐藤嗣麻子監督と普通に登場。

一人一人にひとことづつコメントをもらい。

次に司会者が一人に2こづつくらい質問をして、

最後に金城君がコメントをしたような。

あっというまでした。

金城君が
「完売って聞いたのに1番前の席空いてますね。」(のようなこと)
「ははは」とひとりつっこみで笑ったのがツボかも。

話はいつも言っていたような話だったと思う。
すごーくよく聞いていたのに覚えていない私って・・・。

*後で書き直し予定あり
posted by 映画子 at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 金城武さん関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

『K−20 怪人二十面相・伝』試写会にて(3回目)

朝は来週の舞台挨拶のチケット争奪戦(破れた!)、午後は知り合いの結婚式に参列、その後試写会に移動。

試写室の試写会は椅子が良すぎて眠ってしまわないかが心配だったが大丈夫だった。

今日も楽しく観ることができた!

平吉が源治にいたずらしたシーン、今回も分からず、友達に解説してもらった。

posted by 映画子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年に観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月11日

『K−20 怪人二十面相・伝』試写会にて(2回目)

某シネコンでの試写会が当選!

劇場ではシール(みたいなもの)をもらった。

2週間前くらいにみたのに忘れていたりして、今日も楽しめた!
舞台挨拶で言っていた、平吉が源治に渡すシーンで・・・
のシーンを見つけようとしたが分からなかった!

上映後、小耳にはさんだ会話。

女子二人組み
「おもしろかったね〜。」
「来てよかったね〜。」
〜そうでしょ、そうでしょ!

男女のカップル。
彼が観たいという映画なら、なんでもついていくタイプの彼女と彼氏。
「『レッド・クリフ』のほうが良かった。」
「何が?」
「金城武」
「え、出てたっけ?」
「でてたよ。孔明役で。」
「そうだっけ?」
〜おいおい!彼女は映画を観てるのか?

posted by 映画子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年に観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。