2008年10月28日

トニーさん&金城君ゲストのビストロ

待ってました!
テレビの前からでも楽しかった
トニーさんの「金城君にまかせたよ〜」てきな感じと金城君はビストロ2回目だからか、ある程度緊張がほぐれてて、楽しそうなエクボ笑顔が見れてうれしかった〜。

トニーさん緑パーカーって、見てないけど「はなまる」の時のかな?

トニーさんがお部屋でトロを隠してるって笑えた!

金城君がトニーさんの目が見れなかったの『傷城』の時では?

トニーさんカリーナにたくさんプレゼント渡しているんだ〜!

トニーさんちょっと前のFlixに書いてあっけど王家衛監督の新作に準備期間半年くらいもらって撮影に入るらしいってね。あれ信じていいのかな?

本当に打ち合わせなしで二人とも勝者決めたのかな?

私もあの対決だったら木村・稲垣ペアの方がよかったかも。懲りすぎよりシンプルななほうが。

王家衛監督が大好きなトニーさんなんだから、あの撮影イヤでも慣れるでしょ〜よ。
中居くん全然映画観てなさそうだからな・・・。もっと知っている人にいろいろ聞いてほしいよ。でも中居くんはさんづけしてたからいいけど、木村君は「トニー」と呼び捨てにしていて、聞いていて失礼だなと思ってしまう。親しい金城君でさえだって「トニーさん」と呼ぶのに、『2046』で競演してトニーさんの一言で救われたのなら、なおさら“さん”付けで呼ぶと思うのだが。
『2046』関係のインタビューでは「フェイ」とか呼び捨てにしていたな〜と思い出した。
私たちがイッパンピープルが画面の外から騒いでいるのではないのだから。
アッコさんをアッコさんと呼ぶように、トニーさんだってトニーさんとお呼びしてほしいです。

それとそれと、最後のほうでは、なつかしの金城君の曲をBGMに使っていてびっくりした!!!誰の発案なんだ???スマスマスタッフにもきっと武迷がいるのね!

posted by 映画子 at 01:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 金城武さん関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

トニーさん登場の「スマステ」!

「SmaSTATION!!」を始めから終わりまで見たのは初めて!
たまーに見るけどいつも途中からだったりだから。
ゲストって本当に始めから終わるまでいるのね!
知らなかったのでビックリ!
で、小さく右下にずっうっと写っているんだね!
ファンにはたまらないね〜!

いや〜、それにしても、トニーさんが生で1時間日本のテレビ番組に出演するなんて!
先日の「はなまるマーケット」は知らなくて見逃したけど。
今日は私はグリーンカーペット観覧(というか待ち時間)の疲れで23時前に眠ってしまいそうだったけど、眠気をこらえ寝転がりたいのを我慢して、23時前からテレ朝をスタンバイ。おかげでピン子主演の土曜ワイド劇場ほぼ見ちゃった。w

そしてとうとう23時!
今日は月一ゴローの日だったのですね。
このコーナーはちょっと苦手。
が、それより、トニーさんが『P.S.アイラヴユー』を機内で3分の2くらいで観るのをやめてしまったことに驚いた!『P.S.アイラヴユー』はヒラリー・スワンク&ジェラルド・バトラーの共演なので観たい作品のひとつだったのだが、よけいに観たくなった!途中まで、どんなにせつないのだろうか!

このコーナーで約20分。


『ブエノスアイレス』の映像がでると泣けてくるからやめてほしい。せつなすぎて苦しくなる。


「アジアの若手イケメンスター〜」とかいうコーナー名なんてトニーさんのようなすごい人の前で陳腐なコーナー名はずかしい・・・。
しかも、若手でもない人ばかりで、
若手ってふつう10代ですよね?チャン・チェンとか30代だヨ!
しかも誰に聞いたの?
うーんテキトウだ!
アジア俳優広めよう企画かな?


『レッドクリフ PartT』の日本のプロモーションってトニーさん中心なのですか?金城くんかと思いきや、今日のスマステで見事に一回も名前もが出なかったね。

トニーさんはSMAP×SMAPのビストロSMAPの収録ももう済んだようだ。


テレビの左下に通訳はサミュエル・チョウさんって書いてあった。
今日の東京国際にもいたサミュエル・シュウさんじゃないんだ。
チョウさんなんだ。


初めて「SmaSTATION!!」に質問をメールしてみた。
採用されなかった。
それは別にいいのだけれど、トニーさんのお話の時間短すぎ!!!
もっといろいろお話を聞きたかった!!!
せっかくの機会なのに〜!!!
あーもったいない。

トニーさんおつかれさまでした。

私ももう、寝ようzzz

posted by 映画子 at 00:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

第21回東京国際映画祭 グリーンカーペットや舞台挨拶の記事を読んで

ひとりごと

武君は大人になったな〜。
成長したな〜。
本当に有名人、世界で活躍する人なんだな〜。
と、当たり前なんだけど、再確認。
勝手に母の心境で、私はずっと地味に応援していくんだろうな〜。

どうどうとカーペットを歩いていました。

舞台挨拶も自分の作品のことだけでなく、映画祭をたたえて、成功を願って、いろいろ考えたんだろうな〜

作品を観てもスクリーンに映える人だな〜といつも思うが、
生で本人を見ると、いやあ、本人は思っていないらしいが、なんであんなに美しいのだろうか?かっこいいというより、美しいのよね〜。
うーん、人として美しいから、外見もどんどん美しくなっていくのだろうな。
見習わねば。一緒に私も成長していかなければ!

ビストロ&『Kー20』という楽しみが待っている!
うれし〜!

私もがんばろう!
posted by 映画子 at 23:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 金城武さん関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第21回東京国際映画祭 グリーンカーペット@後編

たしか17:30はもう過ぎていた。17:40とかだったかな?
もう来るかな、来るかなと背伸びして一生懸命スタート地点を覗き込む私。
なんとなく小さめでコロコロした感じの、あの人、ジョン・ウー監督では???で、その近くにいる人は奥様?!多分そうだ!そうだ!
あー金城君とトニーさんだ!
総勢11人だからあんな小さな車じゃけっこう待つなあ〜。
こういうときはエコカーとかじゃなくていいのにと思う。こういうイベント時はリムジンでいいじゃん。TPOにあわせて使い分ければさ。
あれは誰だ?誰だ?たくさん人がいるぅ!
でも金城君は白シャツの人だ!
目を離すな!
って感じで動き出すのを待つ。

それにしてもなかなか動かない!
人数多すぎじゃ?
え、麻生総理だー!!!経済大臣だ〜?!なんでー!
来てもいいけどこのタイミングで現れないでくれよ〜!
来るなら、始めに登場して歩くとかしてくれればいいのに・・・。
申し訳ないけれど沢山のSPが邪魔。
このタイミングで一緒に歩かなくてもいいのに・・・。
全く関係ないじゃん!
081018f.JPG
とにかく金城君から目を離すな!
って感じで。
近くに来たときに1枚くらい記念にと思ったけど、ブレブレだ・・・。ま、仕方ない。

ああ、今回の距離は約5メートル?????
『LOVERS』のレッドカーペットよりは遠いが仕方ない。
ああ、すぐに行ってしまった。

しばし後姿を見守っていた。が、その後、行動開始。人ごみをかき分け、けやき坂を上っていった。撮影ポイント付近で金城君発見!やっぱり撮影してた!そこで、しばし順番に現れる『レッドクリフ PartT』ご一行様を必死で背伸びして見る。

この人ごみじゃ移動もままならない、もう帰ろうかと思ったが、せっかくなのでだめもとでアリーナ付近へ移動。すると、どうにかスキマスキマを狙えば遠くに金城君がチラっと見える!ちょうど『レッドクリフ PartT』ご一行様の挨拶が始まるところで声も聞けた!

そして挨拶が終わってもう帰ろうとして移動したら、
あああああ、金城君がインタビューされてるーーーー!
そのとき距離は3メートル???
この時の記憶曖昧。
トニーさんも一緒だったような。
私がいうのもなんだけど、ここ一般人通行禁止にしなきゃいけない場所では?!でも特に何も言われてなかったのです。ラッキー!しかし、そのうち関係者がこりゃ大変と気づいたようで規制しだした。

ここでインタビューされてて、このあと舞台挨拶があるなら、ここ通る!
と、しばしそこに残っていたら、さらに規制しだし、柵を関係者が出してきた。ので、ますます期待に胸躍る私!
そしてやっぱり!!!
映画館に移動のためそこを通った!
金城君はファンの為にちょっと背伸びした感じで手を振ってくれた。
ヤナさんと桃宜君(ヤゥ・イーチュン)さんもいた!
ああ、またしても思い出す『LOVERS』のレッドカーペットのそっけなかった金城君。

そして『レッドクリフPartT』を観ることができず、未練がましく、映画館のWCをお借りして帰宅の準備についたのでした。

帰って今夜は「スマステ」見るんだもん!
posted by 映画子 at 22:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 金城武さん関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第21回東京国際映画祭 グリーンカーペット@中編

『その日のまえに』
ナンちゃんと大林監督しか気づかなかった!
原田夏希ちゃん、宝生舞ちゃんぜんぜん気がつかなかった!
赤い着物の女性に気をとられてた!

『特命係長 只野仁 最後の劇場版』
高橋克典さん
たまにドラマ見てたけど、お約束があっておもしろかったよな〜
081018g.JPG

『コトバのない冬』
渡部篤郎監督、高岡早紀さん
この作品も観たいな
081018h.JPG

『少年メリケンサック』
ロックな軍団、宮藤官九郎監督、宮崎あおいちゃん、佐藤浩市さん、キム兄はわかったが、
田口トモロヲさん気がつかなかった!
黒人コワモテ軍団の意味は映画をみればわかるのかな?来年観よう!
あおいちゃんのことを後ろの女性がなぜか「内田ゆきちゃんかわいい!」って何度も叫んでたので、違うと教えてあげたくなった。でも最後に気づいてた。よかった。w
&なぜかピンクのドレスで登場はLiLiCo
081018e.JPG
081018i.JPG

国際審査委員一団
ジョン・ヴォイト、マイケル・グラスコフ、フォ・ジェンチー、セザール・シャローン、檀ふみさん、高田宏治・・・

もう完全に足がフラフラ・・・
今日の一番会いたい人の為に気力で乗り切る!

http://www.tiff-jp.net/report/daily.php?itemid=666

続く
posted by 映画子 at 22:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年プレミアなどなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第21回東京国際映画祭 グリーンカーペット@前編

今年の東京国際映画祭は『レッドクリフ PartT』に集中し気合を込めたつもりだったが、チケットが取れなかったのでせめてグリーンカーペットだけは!
とカーペットイベントに初参加した(見物)

どれくらい前に行けばよいかよくわからなかったが、結局お昼ごろ到着。すでにけやき坂の沿道の1列目はだいたいが場所とりされていてどこで見たらよいかしばしウロウロし悩んだ。坂の上のほうはもう場所が空いていない。スタート地点に近いと後姿ばっかりになっちゃいそうだな〜と思いながらも1列目が希望だったので、空いている場所スタート地点に近いけど、そこをキープした。

"地球環境を守る=エコロジー”というテーマを発信すべく、その象徴として開幕日に六本木けやき坂通りに“グリーンカーペット”が出現。
このグリーンカーペットは、環境負荷の低減を目指し、回収されたペットボトルを再生して作られました。総全長1418m(注1)のグリーンカーペットでは、500mlのペットボトルに換算して約18,000本を使用しています。

近くでみるグリーンカーペットはレッドカーペットより、ちゃちく安っぽい気がした。が、動画を見るとそうでもないね。わざわざ作るより、毎年同じカーペットを使うほうがエコな気がしないでもないですが・・・。

多分ほぼ4:30ごろスタート
*以下記憶あいまいの為、動画で確認しつつ、主な人を簡単に書いた。ほぼ監督は省略。
*デジカメは高画質でないが一応持ってきてみてたまに撮影してみた。ラストに現れるであろう『レッドクリフ PartT』の大メンバーの撮影の練習だったりする。が、全然よく撮れないのでだいだい削除しちゃったが、残っていた画像を思い出のためにUP。


まず、依田新チェアマン、高井映連理事長、第21回東京国際映画祭の映画祭大使の木村佳乃さん、杏さんと、ト、ト、ト、トニーさんじゃないですか!!!
OH!いきなり会えるとは!
その時はカーペットを歩かず、また戻ってしまったが、多分ラストに『レッドクリフ PartT』ご一行様と歩くと思うので、2回も見れる!うれしい!(その時は、金城君を目で追ってトニーさんはほとんど見れないと思うが・・・)

オープニング・セレモニーの司会のジョン・カビラさんと久保純子さん

『ブラインドネス』
ジュリアン・ムーア
ハリウッド俳優ゲストがジュリアン・ムーアだけとはちょっと弱いような・・・以前と比べるとさみしい東京国際映画祭。
木村佳乃&伊勢谷友介はペアでは歩かなかったね。伊勢谷くんは一人でどんどん進んでいっていた。伊勢谷くんは前髪がなんだかピシっとなっていた。
フェルナンド・メイレレス監督作品なので観たい!かなり衝撃的な作品だとは思うので覚悟が必要そうだが。ガエル君も出演!

『ラブファイト』
北乃きいちゃん、林遣都くん
この二人は昨年ヨコハマ映画祭と日本アカデミー賞で生で見てるから新鮮味なかったなあ。なんて。
*あとで動画を見たら大沢たかおプロデューサーがビデオを取っていた!裏方や〜!
桜井幸子さんの赤いドレスが色が鮮やかで印象的だったわ〜

『ブタがいた教室』
この作品は観たい〜。
コブタちゃんと妻夫木先生と子供達
特別招待かと思いきや、コンペ作品。
ブッキーアイドル映画ではなく、考えさせられる映画だと思う。実話を基にした“いのち”“食”の物語。いろいろな問題が多い現在、かなりリアルな問題に挑んだ作品。だと思う。まだ観てないけどね〜。

『斬〜KILL〜』
キクリンこなかったのがさみしかったな。
生でハリウッド女優ファッションとオーラを見たかったな。

『ぼくのおばあちゃん』
原日出子さん、加藤貴子さん

『R134カモミールの羽』
Microが監督だそうです!気になる!
伊藤歩ちゃんセクシーな衣装だった!後ろ姿に注目!
岸本加代子さん

なぜか伊原さん、森山涼子さん

『青い鳥』
阿部寛さんステキ!
本郷泰多くん

『桜の園ーそくらのそのー』
福田沙紀ちゃんは制服、上戸彩ちゃんは着物姿で誰かわからなかった。
杏さんはモデルさんだけあって飛び抜けたスタイル!
081018a.JPG

『旭日山動物園物語〜ペンギンが空をとぶ〜』
中村晴日くんが先頭だった!
万田久子さん紫の女優ドレス!
マキノ雅彦監督、長門裕之さん
081018b.JPG
堀内敬子さんと前田愛ちゃんワカンナカッタヨ!

なぜか
桃井かおりさん
ウエスト細!
お茶目!
グリーンと黒のドレスステキ!
サービス精神大のハリウッド女優〜!
081018c.JPG

火を財布からだす人!
*『私のマジック』のボスコ・フランシス

なぜか平原綾香さん&別所哲也さん&長澤まさみちゃん
まさみちゃんは髪型が変わっちゃってて、茶髪パーマロングで近くに来るまで分からなかった〜!
*ゲストだって
081018d.JPG

『大阪ハムレット』
女優の貫禄大でした〜松坂慶子さん

『旅立ち 足寄より』
石黒賢さんはあいかわらず色黒だった!
大東俊介くんはファンに答えてた!
松山千春さん、見たかったな〜。
ちなみにこれエキストラ考えてた作品だ。

『ホームレス中学生』
完成披露の時に見たキャストだったのに、暗くなって照明とカーペットを歩くというマジックからかな、
あの時より全員皆スターに感じた!
だって麒麟の田村までかっこよくみえた!w
主題歌を歌う人達はカーペットにはいらない。子役達ORイッセー尾形さんや古手川裕子さんやいしだあゆみさんや田中裕子さんや宇崎竜堂さんに歩いてほしかったな〜

『クローンは故郷をめざす』
ミッチ〜!
叫んだわ〜!
ナゲキッスいただき!

『その木戸を通って』
石坂浩二さん

『余命』
椎名平さん
松雪泰子さん、色白〜

『宝塚歌劇団雪組公演ショー』
宝塚の人たち

『TEH CODE/暗号』
これもおもしろそう〜。
稲森さん女優でした〜真っ白のドレスでメイクも濃くて「篤姫」とは全然別人!(当たりまえw)
大人数で登場、佐野史郎さん、松方さん。松岡俊介くんは気づかなかったナ

http://www.tiff-jp.net/report/daily.php?itemid=666

続く
posted by 映画子 at 22:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年プレミアなどなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第21回東京国際映画祭チケット @ 『レッドクリフ PartT』

今年の映画祭はとにかく『レッドクリフ PartT』のチケットがほしい!『レッドクリフ PartT』が取れるなら『レッドクリフ PartT』だけでいい!

まずぴあのはがきでの選考→ハズレ
ぴあのプレリザーブの抽選→ハズレ

発売日に買える可能性は?
というより店頭販売ないんかい!
電話やネットじゃつながった時点で基本売り切れだもんな。
それでは、スペシャルパス獲得の為に店頭に並ぼう!
何時から並べば?

結局朝6時ごろから並び某ぴあで4番目。
店頭4番では売り切れでした。。。。。。。
1番ならチケット取れたのかしら?
でも1番目の人はスキーウェアを着ていたから徹夜だったのかも。

当日0時のネット発売もチャレンジしたが、つながったときはやはり売切れでございました。

明日、いいえ、もう今日、に備えて寝なければ・・・。

関係者枠がナゾだったり、気になる部分が多々ある映画祭のチケット。
一番いたたまれないことは、チケット発売直後のオークションの出品。どう考えても転売目的である。どうにかならないものか。
posted by 映画子 at 01:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

『ICHI』試写会にて

綾瀬はるかチャン主演、曽利文彦監督なので観たかったのだ!


はるかちゃんはクァク・ジェヨン監督の『僕彼』シリーズで魅力を振りまいたが、『ICHI』ではまた違う魅力をみせてくれ、やってくれました!盲目の孤独な女性、表情をくずさない、心を閉ざした演技は大変だったろう。そして刀さばき!あれ、代役立ててないんだって!
気になったことといえば、美しすぎたこと。かな。


大沢たかおさん演じる十馬の幼い頃の事故が痛すぎる・・・。
けど「先生」笑わせてただくところは笑わせていただきました。

万鬼役の中村獅堂、虎次役のの窪塚洋介をスクリーンで見て『ピンポン』に感動した私はこの組み合わせにうれしくなった!あのころ、ARATAを携帯の待ち受けにしてたっけ。


柄本明、竹内力、杉本哲太、横山めぐみ
佐田真由美がああいうシーンで登場でびっくりした!
渡辺えりの登場に観客笑いすぎでは?
利重剛さんわからなった。

監督:曽利文彦
原作:子母澤寛
脚本:浅野妙子ドラマ「神様、もう少しだけ」「ラスト・フレンズ」映画「NANA」など

音楽:リサ・ジェラルド
時代劇に時代劇っぽくい音楽なんだけれど合っていた。

10月25日公開
★★★
posted by 映画子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年に観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

『イントゥ・ザ・ワイルド』

ショーン・ペンの作品は観たいと思いつつ見逃してばかりな私。
今回は遅ればせながら、観させていただきました。
すごかった〜!

エミール・ハーシュはじめキャスト全員がリアル!

多くを語るらず、とにかく観て感じろという作品。

それにしてもどうやって撮影したのだろうと思うシーン多々あり。

アラスカを目指したクリス。
なんて意思の強い。

原作が読みたくなったけど影響されやすい私はやめといた。
もっとクリスの気持ちがわかっちゃうとヤバイから。



★★★★★
posted by 映画子 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 2008年に観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

『レッド・クリフ PartT』試写会にて(1回目)

観てきちゃいました!

小説「三国志」(吉川英治)は1巻の途中、三国志100万円クイズの為に答えを必死で調べたり、友達に教えてもらったりのレベルの私が、十分に楽しめるのか?!不安ながら・・・。

すごかった!!!
戦いのシーンとか!
前方の席で見ないほうがよい(パワーがすごいのです)と何人もの声。私も賛成。
馬の演技がとても気になる。

人がものすごくたくさん!
エキストラ?
CG?

歴史に詳しくない人にも解るように、はじめに図と顔と名前と簡単な説明があり、途中途中にも名前が字幕で出てきてくれるのでその辺は親切に作ってくれているので大体解るようになっていた。
クイズの為に覚えちゃいました西暦208年赤壁の戦い!

もちろん大好きな金城君目当ての映画鑑賞でしたが、
今回は内容が内容(苦手な歴史もの)なだけに、よーく字幕と内容を追ってみてしまった。
いつも1回目は「あ〜!感動〜!大スクリーンでの、た〜け〜し〜く〜ん〜だ〜!」って感じで内容を把握できないんだけど。

金城武:諸葛孔明
戦わない人で、ゆったりとしていて、いつも微笑んでいて、落ち着いていてって人なんだね。
『MESTY』を劇場で観たとき、「あのかぶりものとってくれ〜」って思っていたけど、今回の孔明役は似合っていたなあ。
アップシーンが多く目力が際立っていた。
眉間に皺も気になったけど。w

トニー・レオン: 周瑜
トニーさんが戦ったのでびっくりした!
ベッドシーンはいらないんじゃないのか?
ハリウッドで必ずベッドシーンがあるように、入れたのか?
『ラスト・コーション』を思いだしちゃった。と比べると(比べる必要ないけど)全然だし。

リン・チーリン:周瑜の妻・小喬
小喬はエロ担当なのかな?手当てしながらもなまめかしい・・・

馬の出産のシーンとか、琴の演奏のシーンとかかなり時間をかけて丁寧に描いていたけどあれで信頼していくとは・・・。そこまでは「う〜ん。」と思った。「すごいな〜」とは思うだろうけど。時代の違いかな?!

フー・ジュン:趙雲
劉備の妻と赤ちゃんを救出しようとしたときに、夫人が井戸に飛び組むのがよくわからなかった。
趙雲の負担になっていることを察し、我が子を救うために自ら命を絶ってしまったのだ。
らしいが。これも時代の違いなのかな?!

赤ちゃん、あんな簡単に縛り付けられただけで、よくご無事だったこと!

チャン・チェン:孫権
26歳の若き皇帝孫権

ヴィッキー・チャオ:尚香
妙に今風の人であった。

虎狩りのエピソードも三国志の重要なエピソードなのかな?
長かった。

三国志の1巻の途中まで読んだ私でさえ、劉備のワラジ編みシーンとか関羽の先生のシーンとかでうれしくなったので、三国志ファンはたまらないんだろうな〜。

曹操軍80万 VS. 孫・劉連合軍5万

チャン・フォンイー:丞相・曹操
ユウ・ヨン: 劉備
バーサンジャプ:関羽
ザン・ジンシェン:張飛
ホウ・ヨン:魯粛
俳優たちを知らなかったが、次回はもっとじっくりみてきたいなと思う。皆個性を存分にアピールできる、つくりとなっていた。

中村獅童:甘興
エイベックスだから?
実在じゃないんでしょ?
『ピンポン』の時ファンになったけど、なんか大げさな演技にしか見えなくなってきた。この役不必要な気がしないでもない。



監督:ジョン・ウー

金城君ファンとしてはこの作品は2部作であり、日本での題名も『レッドクリフ』先月末くらいからいきなり『レッドクリフ PartT』 となっていて、『レッドクリフ PartII』 は2009年4月全国ロードショーということは知っていますが、普通に映画ファンの人たちは知らない人も多いようで、ラストに予告があり、
『レッドクリフ PartII』2009年4月全国ロードショー
とでた後にブーイングがすごかった!!!

戦いは嫌いなので、戦うシーンすごいけどやはりそういう映画は何度も観たくない。ので試写会応募も今回は少ししか応募しなかった。この作品は何度も観るのは痛い。前売りは2枚買ったので最低あと2回は観るけどね!

★★★★
posted by 映画子 at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年に観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

ブログ通信簿

tushinbo_img.png

おもしろそうなのでやってみた!

まず、私何歳だっけ???と驚いた!
年齢も診断されるとは!

私マメではないんだけどな。
記事書き直すし、この時の判断の最新10件での判断ね。なるほど〜。
図書委員タイプなのかー、自分で気がつかなかったわー。
ヨシ!映画監督めざすか。w
ご注意
通信簿は最新記事10件から分析されるため、内容により結果は変わります。
本サービスは、ブログを楽しくご利用いただくための試みであり、ブログや作者個人を評価するものではありません。

ブログ通信簿
http://blogreport.labs.goo.ne.jp/
posted by 映画子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。