2007年02月28日

『傷城』もアメリカでリメイク


『インファナル・アフェア』に続き、アメリカのワーナーがアンドリュー・ラウ(劉偉強)&アラン・マク(麥兆輝)監督『傷城』のリメイク権を獲得。脚本は『ディパーテッド』のウィリアム・モナハン。トニーの役をまたレオナルド・ディカプリオが演じるとか。

『傷城』まだ観ていないけど、『インファナル・アフェア』のリメイク『ディパーティッド』の出来を観る限り、なんか嫌な感じがするけど・・・。

ちなみに、アカデミー賞の授賞式で『ディパーテッド』の原版『インファナル・アフェア』が日本映画と紹介されたそうです・・・。

韓国版ポスター.jpg
posted by 映画子 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 金城武さん関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月26日

『キトキト!』試写会にて

ちょっと期待しすぎたので、ちょっとがっかりでした・・・。

以下ネタバレあり





「キトキト」とは富山では「生きがいい」ってこと

監督・脚本は井筒監督の下で助監督をしていたという若干27歳の吉田康弘第1回監督作品。


製作:李鳳宇
シネカノンってことで、期待しすぎた私・・・。
にしても若い監督なので、今後に期待!


ホストクラブシーン、多すぎやしないか?

カリスマホストとか下っ端ホストとかのテレビが好きでよく見るけど、この映画は下っ端ホストが思いの他、楽そうで。もっと苦労してて、部屋だってあんな一人部屋はありえなく、相部屋とかじゃないのか?「あれれ?」って思った。テレビもどこまでフィクションかわからないけどね。w


話がベタ過ぎた。
比べちゃいけないけど『フラガール』なんかはベタだけど、いちいち感動しちゃったのはなんでだろう?



普通に、我が家の母と同じだし。
普通に、我が家の弟とだし。
普通ジャンって新鮮味がなかったな〜。


時代は今なの?若干前なの?


母・智子:大竹しのぶ
安心してみていられる演技力。さすがです!
しかし、女で一つで、ヤクルトレディ、保険の外交員、タクシー運転手・・・こんな仕事をしていたのに、肌が美しすぎ!色黒であるとかシミとかシワとか、自分のことに手をかけている時間もなかったはず。Tシャツの首がよれよれとかさ。
消火器ぶっかけるにしても、顔面はさすがにまずいから、部屋に噴射しようとか、一瞬で考えそうな人じゃないかなあと、思ったり。

息子・優介:石田卓也
「別に」が口癖?煮え切らないヤツ!
でもそんな男の子役がはまっていた。
優介もバットはまずいから・・・って傘かい!傘もまずいよ、と思ったり・・・。

娘・美咲:平山あや
『ウォーターボーイズ』の時かわいかったよな〜。
キャベツでバストアップと聞いていたけど、この映画を見た限りそんな感じはしなかったんな〜。(あやちゃんごめんね)


優介指名の客:伊藤歩
結局なんの仕事してたんだろう?ま、いいか、かわいいから!w
なんか雰囲気持っているいい感じの女優さんよね〜。

じいちゃん:井川比佐志
放火はまずいよ。これは笑えないよ。

智子の恋人:光石研
もっと前に出てきてもいいんじゃないか?
母と息子の話だから仕方ないけど・・・。

優介の親友:尾上寛之
などなど・・・


エンディング・テーマはAqua Timezを思わせる感じの、いい感じの曲でした。

・蘭蘭のその後が気になった。
・晴れ着のその後が気になった。美咲が着るシーンがあると思った。
・「スーパー智子ちゃん」が「佐賀のがばいばあちゃん風」とちゃっとかぶってしまって・・・でした。
・我が家は洗濯物わざと裏返します。縫い目が乾きやすいように。


2006年/日本/109分
配給:シネカノン

★★
(期待しすぎた・・・)

3月17日公開
posted by 映画子 at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年に観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京商工会議所ホール

所在地:東京都千代田区丸の内3-2-2東京商工会議所ビル4階
最寄り駅:
●地下鉄三田線 日比谷駅より徒歩2分
●地下鉄千代田線 二重橋前駅より徒歩2分
●地下鉄日比谷線 日比谷駅より徒歩8分
●地下鉄有楽町線 有楽町駅より徒歩3分
 以上の駅からはB7出口が便利

●地下鉄丸の内線 東京駅より徒歩10分
●JR有楽町駅より徒歩5分
●JR東京駅 丸の内南口より徒歩10分
●JR京葉線東京駅より徒歩5分
posted by 映画子 at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 試写会場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

ドラマ『たった一度の雪』を観た

いろいろやりながらで、集中して観ていなくて申し訳なかったけれど、ドラマ『たった一度の雪』を観た。チェン・ボーリンが出演ということで、気になって。
月9『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』にも出演しているし、今後も日本でバシバシ露出なんだろうな〜。すごいな〜。
チェン・ボーリンといえば(いうほど出演作観た事ないけど)『最後の恋、初めての恋』のドン・ジェとのカップルかわいかったよな〜。


このドラマは台湾ことを、少しだけだけど知れてよかった。

「白い恋人」のCMが繰り返し繰り返し流れて、食べたくなって困った!w

たった一度の雪公式HP
http://www.hbc.co.jp/yuki1972/index.html
posted by 映画子 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

『パイレーツ・オブ・カリビアン3』の先行特別前売券の特典引換え

『パイレーツ・オブ・カリビアン3』の先行特別前売券の特典引換え。
期限内に引き取りに行けなそうだったので年末に映画館に電話問い合わせをしたところ、電話対応してくださった人が優しく「お客様の権利ですから、期限過ぎてもダイジョウブですよ〜。」とのこと!そうなんだ〜。ありがたや〜!「なるべく早く来てくださいね!」

できるだけ早く引き取りに行きたいのですが、いつになるかな・・・。体調しだいだからな・・・。

と、ずっと気になりつつ、日がたってしまった。

そして、5月25日に全世界同時公開、シリーズ第3弾『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』の前売鑑賞券の発売開始という発表が!し・か・も・映画子的には、「こっちのほうが好きかも!」というかわいいジャック・スパロウ身代わり人形付!この前売りは、3月17日より開始されというから、その前には、その前には早く行かねば!

かなり遅れてしまったが、どうにか映画館へ行った。

「上の人」という人が出てきて「今回は在庫があったけど、なんやらかんやら、あれこれしかじか・・・」言われたけど、どうにか引き換えてもらえた!よかった〜!

ですので交換し忘れている人は、映画館に問い合わせしてみると良いとオモイマ〜ス!

*これじゃないよ

参考
http://www.movies.co.jp/piratesfan/topics/20060707-02.html
posted by 映画子 at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ディパーテッド』

うおー!久しぶりだよ、映画館!
『ディパーテッド』観たよ。観たけどね『インファナル3部作』が観たくなるって映画でした!
オリジナルを知らない人は楽しめるでしょう!

以下ネタバレあり





今作品はハリウッド版リメイク作品。

『インファナル・アフェア』があまりにもすばらしく、衝撃的だった印象が今でも強烈に残っているので、どうしても比べちゃう〜。元祖を観直してから『ディパーテッド』に臨みたかったけど、結局復習できずに『ディパーテッド』を鑑賞。でも比べちゃう〜!もう何年も前の作品なのにね。でも、結局復習していかなくてよかった。もっと比べちゃったら『ディパーテッド』がきっとトホホだよ・・・。


主役二人はレオがトニーで、マットがアンディって観てたけど・・・あれれ?主役はレオとジャック・ニコルソンでありませんか?あちゃ〜!ボス前に出すぎだよ!

『インファナル・アフェア』のリメイクって聞いてたけど、『終極無間』完璧入ってるね?あれれ?

精神科医、ハリウッド映画の派手な感じじゃなく、どっちかって言ったら地味目なステキな感じの女優さんだなあって観てたけど、あれれ?ヒロイン一人???えええ?二股?そりゃキツイナ・・・。

この映画にラブシーン入れるとさめませんか?ハリウッド映画だからって、そろそろラブシーン必ず入れるとか、お決まりやめたら?

「中国が台湾を攻める!」って。

ラストは違うって聞いてたけど・・・そんな終わりなんだ・・・。

ああ観たい!三部作!



レオナルド・ディカプリオ
今回なかなか前評判良いの聞いていたけど、やっぱ『ギルバート・グレイプ』は超えられんな〜。あれ最高でしたね〜。レオはどんどん眉間のしわが気になってさ〜。物語に集中できないよ。(ウソデス)


マット・デイモン
マットはどうも私はあまり惹かれないのだよ。今回もなんか弱いって感じが。(存在感が)

ジャック・ニコルソン
いや〜、兎にも角にも前面に出すぎ!顔のアップ多すぎ!顔で威嚇!顔の皺がこわくていいっちゃいいけど、それだけじゃ、ちょっと違うよね。引く演技ってのあるでしょ?(ジャック・ニコルソンに物申してる私)出演シーンもちょこっとでてっ存在感だすてのがいいんでない?「出演シーン増やせ!」じゃなく「もっと減らして」くらい言っていいはずよ。大物なんだし。
そして下品すぎでゲンナリ。

マーク・ウォルバーグ
マーティン・シーン
アレック・ボールドウィン
ビーラ・ファミーガ




ああ観たい!3部作!



観ていて緊張はしたけど、それは「あ、あのシーン」とか「あ、あのシーンと違う」とかって『インファナル・アフェア』を思い出してあのときの緊張が緊張をよんだのかもしれないと思った。


プランBよ、ブラピよ、役者で出演してほしかったな〜。
せっかくハリウッドでリメイクするなら、ドーンとさ。レオ&マットより格上な感じで、ブラピ&ジョニーW主演とかさ。


『インファナル・アフェア』シリーズの完全パロディ作登場!これも観てないんだよな〜。


監督:マーティン・スコセッシ
パンレットに「『インファナル・アフェア』3部作から拝借したのは「潜入捜査をするふたり」というプロットだけで、わたし自身が強く惹かれたのは、「信頼と裏切り」というテーマだ。だから、結果的にはまったく別の作品になったんじゃないかな。とあったけど、拝借したのが「潜入捜査をするふたり」というプロットだけというなら、同じようなシーン一つも使うな!「信頼と裏切り」がテーマではなかったよ。まったく別の作品にするには真似した箇所多すぎ!

脚本:ウィリアム・モナハン


善人になりたい・・・


2006年/アメリカ/152分
配給:ワーナー・ブラザース映画
字幕翻訳:栗原とみ子
原題:THE DEPARTED
パンフレット:700円

★★★
posted by 映画子 at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年に観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月16日

第30回日本アカデミー賞をテレビで見た

日本アカデミー賞は興味がなく、テレビではじめて見たのかな?私。今回もしばらくたってからテレビをつけた。

一番印象に残ったのは・・・
南海キャンディーズのやまちゃん、インタビューアーダメダメ!
ってこと。w

俳優さんたちの声が聞けるから、忘れなかったら来年も見ようっと。






posted by 映画子 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

『楽園の瑕』のディレクターズカット版が製作されるらしい

王家衛監督が2007年に『楽園の瑕』のディレクターズカット版を製作するらしい!
知らなかった〜!



『楽園の瑕』観てると眠くなっちゃうんだよね・・・でも、でも観たい!

『藍莓之夜』『My Blueberry Nights』を撮り終わってからの製作らしい。撮り終わってはいるらしいよね。編集があるだろうけど。カンヌにむけて編集をするとして・・・その次は、ニコール・キッドマン主演の『来自上海的女人』『Lady in SHANGHAI』かと思ってたけど・・・。その前にか???

まあ、いつでもいいんだけどね。
ただただ新しい映像が楽しみな映画子なのだった。

関連記事
http://www.hkfilmart.com/newsread.asp?newsid=1898
posted by 映画子 at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月13日

YOUと柳楽優弥くんといえば・・・

最近よくCMで見るが、親子設定が、どうもだめだ。
私には、YOUと柳楽優弥くんといえば、映画『誰も知らない』の印象が強烈に残っていて・・・
違うキャスティングがよかったなあ。





といいつつ。YOUがかわいいので貼り付けちゃった。
posted by 映画子 at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

『傷城』の主題歌はあゆ

『傷城』『confession of pain』の主題歌は、浜崎あゆみの「Secret」。8th フルアルバム「Secret」の最後の曲。
それを知ったときはそりゃびっくりさ!



ここ最近このCD毎晩聞いています*ヘビロテっす!弟よ。アリガトネ〜!
まあ、avexが出資しているからね。
にしても、avexやるな〜。

主題歌と思って、改めて聴いてみようとしたが・・・
映画の詳しい内容を知らないで映画を観る事が好きなので、情報はなるべくシャットアウトしているのだが、「秘密」って、なんかいろいろ想像しちゃう。映画を観るまでは、歌詞をかみしめないでおくにこしたことはない。

日本語の歌が主題歌って、映画を壊さなければいいけど・・・。(あゆゴメン。悪気はない。)

中国語版はメディアアジア系列の何韻詩(デニス・ホー)。


あゆのファンではあるけれど、トニーと金城君の競演作の主題歌だなんて、主題歌だなんて・・・す・す・すごすぎて、うらやましい!!!


あゆの公式HP
http://www.avexnet.or.jp/ayu/index.html
posted by 映画子 at 14:37| Comment(6) | TrackBack(0) | 金城武さん関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。